投稿日 : 2018/12/07

「夕食を控えたら昨日より1kg痩せた!」と喜んでも、特に体型は何も変わらなくて残念だったという経験、ダイエットをしたことがある方は経験したことがあると思います。

果たして本当の「痩せる」とは何だと思いますか?体重が減ることが理想の体になることではありません。

体重が減るだけでは、キレイに痩せません。

今年も残すことわずかですね!この時期「クリスマスまでに○kg痩せたい」と目標を立てる方や「来年こそ○kg痩せたい」と新年の豊富にする方がとても多いのではないかと思います。

そんな当てはまったあなたにお伺いしますが、あなたが理想とする痩せた状態はどんな状態でしょうか?これは私がダイエット指導するときも必ず聞いているのですが、ウエストがくびれている、腹筋に筋が見える、小顔、足が細い、二の腕が引き締まっている、といった回答を多くいただきます。

それではあなたが目標にしている体重になれば、今考えていただいた理想の姿になれるでしょうか。結論から言ってしますと、残念ながら体重が減っても理想の姿になれるわけではありません。それでは一体どうすれば理想の姿が手に入るのでしょうか。

キレイに痩せるための理由を考えてみよう!

少し視点を変えた質問になりますが、先に答えていただいた理想の姿を手に入れたい理由は何でしょうか。かっこよく服を着こなしたい、好きな人を振り向かせたい、周りから綺麗と言われたい、などこちらも様々な理由がありますよね。この理由が明確な人はダイエットへの意欲うが非常に高くて前向きで良いのですが、残念なことにそんな人ほど陥りやすい落とし穴があります。

それが短期で体重を落とす方法です。特に年末やクリスマス前は短期決戦に挑む人が急増します。それを知ってか健康食品売り場には短期ダイエット用の商品が沢山陳列されているのを見かけます。「3日でマイナス3kg」といった夢のような魅力的なフレーズにのって購入した経験のある方もいらっしゃるのではないでしょか。そんな問いかけをしている私も実は経験者で、様々な商品を試しました。

体重だけ減らしても誰も気が付かない

実際に多かれ少なかれ確かに体重は短期で落ち、その度に「細くなったね!」と驚く友人たちの姿ををワクワクしながら想像していましたが、予想とは裏腹になかなか気が付いてもらえませんでした。そして自分で鏡を見てもイメージしていた姿とは異なっていました。

確かに体重計の数字は減っていいるのにどうして気が付いてもらえないのか虚しく悲しかった記憶があります。何が減っていたと思いますか。

体重が減ってもキレイに痩せてない?

先ず食事を置き換えたり、回数を減らすと、その分の食事の重量が減ります。要するにシンプルですが摂らなかった分の重さが無いだけなのです。

よく耳にする「昨夜の夕食を抜いたら1日で1kg痩せた」というようなケースもこのパターンに分類されるでしょう。それから「健康茶を飲んだら3日で痩せた」なんていう体験談も聞きますよね。これは水分と老廃物の排出により体重が減っただけの可能性が高く考えられます。

健康茶は様々な種類がありますが、ほぼ共通しているのは利尿作用や便通を促す作用が期待できる成分が含まれています。

成人の1回の排便量はしっかりと排出できれば1kg弱の重量があると言われており、さらに宿便は34kgあるといわれているので、これらを排出することだけでも大幅な体重の減少に繋がります。

また、「ホットヨガ1回で1キロ痩せた」「岩盤浴でデトックスして細くなった」というような話もよく聞きますね。これは汗をかくことによって水分が減ったことで体重が減った現象です。

体重だけで頑張って減らしても、一時的なもの

さて今まで挙げた事例に共通していることがあるのですがお気付きでしょうか。それは一時的な減量であるところです。確かに体重は減っていますし、見た目も少し変わって見えることもありますが、通常の生活に戻れば体重も見た目もすぐに戻ってしまいます。

むしろ極端な制限で栄養バランスが崩れたり、後に詳しく書きますが大切な筋肉が減っている可能性すらあります。短期間で減ったものは短時間しか維持出来きません。

もうお分かりでしょうか。

短期間で結果が出せるほど理想を手に入れるということは簡単なことではないのです。

本当に「キレイに痩せる」方法とは

一通りご説明したところで、最初に問題提起した「どうしたら理想に近づけるのか」という問題ですが、それは一言でいうなら継続することです。こう言うと常にハードな食事制限や運動を毎日こなすようなイメージが浮かび「私には無理だな」と思ってしまう人も多いことと思います。

確かにハード食事制限や運動を毎日こなせれば比較的短期間で理想の体に近づくことが出来るでしょう。しかし、そんな生活を長く続けるのは辛いですよね。

実際に仕事や学業、家事や子育てなどをを抱えながら一般の人が取り組むと大半の人が途中で挫折しますし、それどころか反動でリバウンドしてしまうことも少なくありません。

それよりは出来ることを負担になり過ぎないレベルから始め、継続していくことが結果的に理想に近付き、維持していくことが出来ます。こう聞くと「私にも出来るかも」と思えてきたのではないでしょうか。この「私にも出来る」と思える気持ちはダイエットでは非常に大切なことです。

キレイに痩せるためには、まず運動体質になろう!

ここからは具体的な方法を紹介していきたいと思います。

まずは日常生活に運動を取り入れていきましょう。例えば帰り道に1駅分歩いてみる、エスカレーターから階段に変えてみる、車ではなく自転車で買い物に行ってみる、など探せばより体を動かすように出来るポイントは日々の中に沢山あると思います。

それが慣れてきたら、次は1駅歩いていたのを2駅にする、3階まで階段で上がっていたのを5階までにする、といったようにレベルをあげていきましょう。さらに慣れてきたら週に1度プールに行く、毎朝30分ウォーキングをしてみるなど運動の習慣を作って行ってみて下さい。

いきなり運動を始めるより、すんなりと運動の習慣が定着するはずです。運動はカロリーを消費し、筋肉もつけてくれます。筋肉は体の中でもっともエネルギーを消費する場所ですので、筋肉が増えるとおのずと消費カロリーも上がり燃焼効率の高い体になっていきます。

さらに、筋肉は脂肪に比べて同じ重量で比較すると体積が小さく締まっているので、筋肉が付くと体型も締まって見えます。まさに一石二鳥です!

キレイに痩せている人は、日常の過ごし方が違う

筋肉をつけることが出来るのは運動だけではありません。歩いたり、座ったり、立ったりと何気ない日常の動作の中でも筋肉をつけることが出来ます。相当なアスリートではない限り、運動より日常の動作の時間の方が圧倒的に長いでしょう。なので、この時間をいかに過ごすかで体に差が出てきます。

背筋を伸ばして自分が一番美しく見える姿勢を保ってみて下さい。これだけのことでも意外と疲れるのではないでしょうか。知らぬ間にいつもの姿勢に戻ってしまっていることが多いと思います。これは普段いかに筋肉を使っていないかということが分かる現れです。

仮に常に今頑張って作っていただいた美しい姿勢が保たれていたとしたらどうでしょう。普段から美しい形の筋肉をつけるトレーニングが出来ますし、周りから見ても一段と美しく見えるでしょう。

今日から早速姿勢を正して過ごしてみて下さい。

初めはちょっと苦しいかもしれませんが、徐々に慣れてくるはずです。

キレイに痩せている人は、健康的な食生活をしている

次に食事についてです。食事は低脂肪高たんぱく質で野菜を沢山摂るように心がけてみましょう。現代の食事は意識しないと高脂肪高糖質で野菜の少ない食事になりがちです。

こういった食事を続けていると脂肪が増えるのは勿論、疲れやすくなったり、肌荒れをおこしたり、便秘になったりと美容や健康の面でも支障が出てきます。鶏むね肉や赤身の肉、魚介類、大豆製品、卵といったたんぱく質をメインとしたおかずと緑黄色野菜を使ったおかずを取り入れるようにしてみましょう。

たんぱく質は筋肉の材料になりますし、緑黄色野菜に含まれる豊富なビタミンは体内の様々な代謝のお助け役になり、美容や健康面での改善も期待できます。そしてダイエットを意識しているときは少しだけご飯、パン、麺などの炭水化物を控えてみて下さい。

ここで大切なのは極端に制限しすぎないことです。運動と同様にハードな制限をすると反動が起こりやすく、特に食事の場合では低エネルギーな食事に体が慣れてしまい、普通の食生活に戻した時に一気にリバウンドするケースが非常に高いです。

キレイに痩せている人は、我慢をしていない

残酷なことに美味しいものというのは高脂肪高糖質のものが非常に多いのですが、時には家族、友人、恋人などと美味しいものを楽しみたいものですよね。

それこそが人生の幸せといっても過言ではないと思いますし、私もそう思います。好きな人に美しく見られたくてダイエットをしているのに、一緒に食事に行けても楽しめないというのであれば本末転倒です。そんな時はダイエットのことは忘れて是非思いっきり楽しんで下さい。

実は脂肪の形成も短期間で作られることはなく、長期間継続することで蓄積されるのです。しかし、痩せたいというのであればその時はダイエットのことを忘れていても、努力は忘れてはいけません。前後の食事を控えたり、運動を多めにすることで調整しましょう。

キレイに痩せている人は、継続している

今までご紹介してきた方法は体重計の数値でみると短期間ではそんなに変動はないかもしれません。真面目な人ほど結果がでないと焦ってしまうかもしれませんが、その必要はありません。確実に体は理想に近づいています!そもそも筋肉は脂肪よりも重いので、筋肉がついてきたのであれば大幅に体重が減少するということはないでしょう。

そして、体重の減り方が少なくても意外に周りから「痩せたね」と声をかけられることもあるでしょう。なぜなら客観的には美しい姿勢が保たれ、筋肉がついて締まると、体重に関係なく綺麗に痩せて見えるからです。よく考えてみて下さい。

他人はあなたの体重を自己申告でもされない限り分からないのです。病院の検診でもない限り、この人は何kgだろうと考えながら人と会う人もまずいないでしょう。周りが痩せたかどうかを判断しているのは見た目のみなのです。

キレイに痩せている人は、自分に自信を持っている

これまでに辛い短期ダイエットを取り組んだ精神がある人ならば、ご紹介した方法はもっと簡単にに出来るはずです。頑張ってもらいたいのは体重を減らすことではなく、小さなことでも自分を信じて毎日続けることです。短期間で減ったものは維持出来るのも短期間しか出来ないとお伝えしましたが、逆に長期間で得たものは長期間維持していくことが出来ます。

小さなことから始めるとは言っても、継続するというのは根気がいることです。しかし日々努力を継続出来ていたら、筋肉だけでなく、自信がついて体重にも左右されにくくなると思います。そんな姿こそ周りの人は美しく感じ、あなた自身も理想としていた姿なのではないでしょうか。

今日から早速出来ることから1つでも始めてみましょう!

塵も積もれば山になるというように地味な取り組みでも、積み重ねれば美しい姿になることでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク