投稿日 : 2019/01/11

ダイエットに励んでいらっしゃる皆様、今の目標体重はどのように決めましたか?あの人みたいな体型になりたいと憧れの人を目標にしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。実は目標体重は健康に関わるとても大切なことで、誰かの体重を真似することがあなたにとってベストだとは限りません。今回はダイエットにおける正しい目標体重の決め方と美ボディとはいったいどういうものかをお伝えしていきます。

適正体重と自分の体型を知るためのBMI

まずは、本当にダイエットが必要な肥満体型なのか確かめてみましょう。ここで使用するのはBMIというものです。BMIとはBody Mass Index(ボディ・マス指数/体格指数)の略で、国際的に使用されている肥満度を表す指標です。

身長と体重を計算式に当てはめることで自分が「やせ、普通、肥満」のどの体型に属するのか、判定することができます。計算式を下記に記載していますので、実際に計算してみましょう。

計算結果が18.5未満ならやせ、18.5以上25.0未満なら普通、25.0以上は肥満とされています。太っていると思っていたのに意外と普通体型に該当したという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

日本人の特に若い女性はやせへの思考が強いと言われています。今からお話していきますが、やせなくても良いのにやせるということは危険なことです。本当に太っているのか、まずBMIで自分を知ることがとても大切です。

<BMIの計算方法>

BMI= [体重(kg)]÷[身長(m)の2乗]

ダイエットの目標体重の決め方

ダイエットをする上でいったい何kgを目標体重とすれば良いのか?実はひとりひとり一番健康な体重というのは決まっています。それを適正体重と呼び、BMIが22になる体重のことを指します。

理由は BMIが22の時に人は一番病気になりにくいという研究結果があるからです。それでは下記に記載してある式で実際に自分の一番健康な適正体重を計算してみましょう。この適正体重がダイエットで目標とすべき体重なのです。

<適正体重の計算方法>

適正体重=[身長(m)の2乗]×22

やせ(BMI18.5未満)の体型になるとどうなるか

やせている方が綺麗と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、健康的にはどうでしょう?

やせているということは栄養が足りていないのでからだがだるく疲れやすくなるような貧血をはじめ、低血糖や不整脈などさまざまな栄養素の欠乏症が起こり、病気にも感染しやすくなります。

特に女性では無月経になったり、やせの妊婦では子供が将来、生活習慣病になりやすいという指摘もあります。

BMIではすでにやせているのにさらにやせたい思いが強くなると人によっては摂食障害を引き起こす場合もあります。

摂食障害とは拒食症や過食症のことを言います。拒食症とは食べることを恐れ、極端に食事の量が減る病で、過食症とは衝動的に食べすぎてしまうという症状を持ち、それに対して太ることを恐れて自ら吐くなどの代償行為をとる病です。

やせたいという思いから知らぬ間にこのような病気になってしまうのです。見た目だけではなく健康も大切にするためにこの BMI18.5は下回らないようにしましょう。

肥満(BMI25以上)の体型になるとどうなるか

BMIが25を超えてしまい、内臓脂肪が増え出すと糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病のリスクが2倍になると言われています。

内臓脂肪ではなく、主に皮下脂肪による肥満であったとしても関節に負担がかかるなど決して健康には良くありません。また、肥満によって睡眠時無呼吸症候群などを引き起こす場合もあります。

このように肥満によって健康が損なわれるような症状が出てきますと肥満症と診断され、治療としての減量が必要となってきますので、やはり適正体重を維持するということは健康を保つ上でとても大切なことです。

からだは中身も大切!体脂肪率も気にしよう

BMIは筋肉や脂肪の割合などからだの中身までは判断できないというのが難点です。例えば、体重がBMI上、適正体重であっても体脂肪率が高くては美ボディとは言えません。これは隠れ肥満という状態です。

体脂肪率は男性で15〜20%、女性で20〜25%が普通とされています。男性で25%以上、女性で30%以上になると見た目が普通の体型であろうが中身は肥満の状態です。

最近の体重計には体脂肪率を測れるものも多いので、体重だけでなく体脂肪率も気にかけましょう。

実は隠れ肥満は若い女性に増えてきています。運動をせずに、食事ばかりを気にする極端なダイエットをしてやせた方に多いと考えられます。理由は食事のみを制限するダイエットでは筋肉量や骨量が減り、体脂肪の割合が増えるからです。

目指すべき美ボディとは?

「適正体重ではまだまだぽっちゃりじゃないか。」と思われた方もたくさんいらっしゃるかと思います。しかしながら、実際に適正体重で美しいからだを持つ人もいるのです。何が違うのか?それは先程もお話したからだの中身がポイントです。

同じ重さの筋肉と脂肪を目の前に置いて見比べると脂肪の方が見た目は大きいのです。つまり、同じ体重でも筋肉を鍛えている人はすっきりした体型に見えます。

やせるために食事を少なくする、ダイエット食品だけで過ごす、これではからだの中の筋肉は減るばかりです。基礎代謝量も下がってしまうので、ダイエットをする前よりも太りやすいからだになってしまう場合だってあります。

偏食せずにバランスよく食べて、運動をして筋肉をつけると引き締まり、リバウンドしにくいからだを手に入れることができます

このように、ダイエットをする時は見た目だけに捉われず、女性であれば適正体重で体脂肪率20%台前半を目標とし、食事と運動を両方取り入れて、からだの中から美しい真の美ボディを目指しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

カテゴリー: ダイエット健康基礎知識・理論