投稿日 : 2016/07/13 最終更新日 : 2018/11/12

ダイエット中でも太らないお菓子はないのか!!

ダイエット中、お腹は空いてるのに食事を制限した経験がある人は多いはず。空腹を我慢することは、とても辛いことですよね。食欲を抑えようと思えば思う程、食欲が湧いてきてしまったなんて人もいるのではないでしょうか。

今回はそんな状態でも無理なく食欲をコントロールできるよう、空腹を紛らわすオススメの間食についてまとめてみました。ダイエット中でも太らないお菓子ってないの?あります!

ダイエット中でも太らないお菓子を探す前に。。。食欲を我慢しても簡単に痩せない理由

image1

ダイエット中でも太らないお菓子があればいいのに。ダイエットと食事内容は切っても切り離せないものですよね。

脂っこい食事を野菜中心に変えてみたり、炭水化物を抜いてみたり、食事量のコントロールを試みたことがある人も多いはず。

しかし、食事の量を変えても思ったほど体重変動がなたかったり、集中力が無くなって仕事に集中できなくなったなどと感じたことはありませんか?

ダイエット中にお菓子を求めるのは、脳が「省エネモード」になっているから

人間は、いつ食事ができるか分らない狩猟時代を経験しているため、もともと飢餓に対する対策プログラムが脳にインプットされています。

万が一食事が摂れない状況になっても、身体が自動的に対応できるようになっているのです。

image2

ダイエット中、1日の食事量が大きく減ってしまうと、脳が「大変だ!1日に食べられる量が減ったぞ、消費カロリーを抑えねば!」と判断し、省エネモードのスイッチが入ってしまいます。

結果として脳は、食べた物を脂肪として溜めこんだり、空腹感をさらに強くして食べ物を欲しがるような司令を出すのです。

ダイエット中でも太らないお菓子とは?空腹を紛らわす方法

image3

空腹感を感じると、集中力や記憶力などパフォーマンスの低下を招いて、仕事や日常生活にも支障が出る事態に。

そうならないためにも、まずは規則正しい生活を心がけることが大切。特に、睡眠、ストレス解消、朝食の摂取、この3つの習慣を正していきましょう。

それでも、どうしてもお腹が空いてしまい間食を食べる場合、ダイエット中でも太らないお菓子として、以下のものがオススメです。

ダイエットメディア【カロナビ】
https://www.qualia.tokyo/archives/8147

ダイエット中でも太らないお菓子:飲み物を飲む

空腹を紛らわすために一番簡単で効果的な方法が「飲み物」。ダイエット中にはミネラル分の多い硬水、麦茶などノンカロリーの飲み物がオススメですが、それ以外にも一工夫を加えるとより満腹感を感じやすくなりますよ。

・ホットドリンク:内臓が温まることで満腹感をアップ。食事の前に飲むと消化の手助けにも。

・コーヒー:カフェインには食欲を抑えてくれる効果があります。(砂糖の入れ過ぎや飲み過ぎには注意!)

・炭酸水:カロリーがなく通常の水よりも満腹感を味わえる。(糖質を含む炭酸飲料ばNG!)

ダイエット中でも太らないお菓子:パティシエ監修!150kcal以下の「TOKYOスイーツダイエット」

ダイエットしたい!痩せたいけど、甘いものも食べたい…、お菓子が大好き!甘いものを食べながら簡単にダイエットがしたい・・そんな女子の気持ちに応える、スイーツダイエット「TOKYOスイーツダイエット」がおすすめです。

ダイエットメディア【カロナビ】
https://www.qualia.tokyo/archives/8147

ダイエット中でも太らないお菓子:ナッツ類を食べる

ダイエット中のおやつとして有名なのが、ナッツ類。

その中でも、アーモンドはビタミンB2・ビタミンE・オレイン酸・カリウムなどが含まれており、代謝が上がるだけでなく、老化を防止してくれたり、むくみを解消してくれるなどの嬉しい効果が盛りだくさん。

fb029a1abc154da3fffd7f0f86aba38f_s

ただし、ナッツ類は食べ過ぎると摂取カロリーが多くなってしまうので、要注意!

アーモンドは1日の摂取量を20粒程度(約120kcal)に決め、小分けにして食べるようにしましょう。また、できる限り塩味などが付いていない素焼きのものを選ぶようにして下さい。

ダイエット中でも太らないお菓子:ドライフルーツを上手に活用

ドライフルーツは、手軽に持ち運べるのが嬉しいところです。

乾燥させる前と栄養価はほとんど変わらず、ビタミンBや食物繊維、ミネラルなどを多く含んでいますが、製造過程でビタミンCや葉酸は少なってしまいがちなので、状況によって生のフルーツも摂り入れてみましょう。

ドライフルーツの特徴は、やはり「甘み(糖分)」。生のフルーツよりカロリーが高い分、食べ過ぎるカロリーオーバーになってしまうので、くれぐれも注意しましょう。

ダイエット中でも太らないお菓子:サツマイモを適量

小腹がすいた時には、さつまいもを少量食べて空腹を満たすといった方法もおすすめです。2cm幅のもの2切れくらいの量がベストです。

食物繊維が豊富なので満腹感を感じるだけでなく、さつまいもに含まれる甘さの正体「糖質」のおかげで血糖値も上がるため、より空腹感を紛らわせられます。

他にも、ビタミンB1をはじめ、ビタミンEやカリウムなどが豊富に含まれているため、脂肪を燃焼させ代謝を上げるだけでなく、むくみを解消する効果もあります。

ダイエット中のお菓子は、脂肪が溜まりにくい時間帯に

「15時のおやつ」はとても理にかなっていて、私たち人間の身体は、14:00~16:00頃に食事をすると脂肪が溜まりにくいと言われています。脂肪合成に関わる「BMAL1」が一番少ない時間帯ですからね。

間食がしたくなった時は、このタイミングで摂取するのがおすすめ。また、なるべく1日に食べるおやつのカロリーはトータルで150kcal程度に抑えることも大切です。

pexels-photo-106877

ダイエット中でも太らないお菓子を選択する際はその食品にどんな栄養素が含まれているかを考えてみるのもオススメです。

砂糖やバターばかりを使ったお菓子よりも、ヨーグルトや豆乳、甘酒など良い栄養素が入っているものは満足感を得やすいですよ!

これらの点を踏まえて、バランスの良い食事を心がけながら、上手に間食を摂り入れて食欲をコントロールしてみてくださいね。

結局のところ、ダイエット中でも太らないお菓子でいちばんおすすめしたいのは、これ。

ダイエットメディア【カロナビ】
https://www.qualia.tokyo/archives/8147

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク