投稿日 : 2016/09/19 最終更新日 : 2018/05/08

「運動は嫌い!野菜は嫌い!食事制限は嫌!でもダイエットはしたい!」私たちはこういうお悩みを良く伺います。

では、ダイエットに成功して美しいカラダを維持している人は、嫌いな運動や野菜を我慢しながら続けているのでしょうか?もちろん答えはNoです。

100%成功するダイエット方法、それはあなたの「好き」を変える以外にはありません。

そして、ダイエットのPDCAを考えることがとても重要なのです。

ダイエットのPDCA:スーパーの買い物カゴはその人の体をそのまま表している!

image3

スーパーやコンビニで、自分が理想とするような体型を維持している人の買い物カゴを見る機会があれば、そっとのぞいてみてください。

美しい体を維持している人の買い物カゴは、野菜、肉・魚、豆腐、果物、豆類、炭酸水など・・・素材そのままの食材が入っていて、お菓子、加工食品、ジュースなどはほとんど入っていません。

大切なお金を使って嫌いなものなんて買いたくないですよね。もちろんその人は「好きだから」その食材を買っています。

日曜日にランニングをしている人は、単純に走るのが好きだから走っている人が多数です。

「健康になれる食事や生活が好き」

健康な人と、そうでない人の違いは、努力や忍耐力の差ではありません。単純に「好き」だと思える行動が違うだけなのです。

ダイエットのPDCA:「好き」を変えるだけで体は変わる

健康になるのが嫌いな人はいないでしょう。好きなことは誰でも続けられますから、「健康になる」という趣味が「楽しい」と思えれば、誰でも健康になれます。

「健康になれて嬉しい!健康を追求するのって楽しい!だからもっと頑張ろう!」

健康なカラダを維持している人達は、毎日こういった思想で生きています。

ではどうすれば「健康になりたい」を「楽しいと感じる、好きな趣味」にすることができるのでしょうか?

ダイエットのPDCA:100%成功するダイエットとは、小さな成功体験を繰り返すこと

ダイエットに限った事ではありませんが、以下のような正しいPDCAのプロセスを行えば、誰でも「健康になるのって楽しい」と思う思考回路は形成されます。

  1. ダイエットを「PLAN」する:報酬の認識、興味と感心

    • ダイエットがしたい、もっと健康になりたい…。健康になればこんな価値が生まれる…。
      価値=報酬を認識することで次につながる行動への興味と関心が生まれます。
      ここでの注意点は、得られる報酬の大きさと行動=努力の量を正しく理解することです。
  2. ダイエットの「DO」:小さな行動

    • 健康になるために、自分ができる小さな努力=行動を起こします。
      ここでの注意点は、あくまで自分が無理なくできる事を行うこと。
      理論的に正しい行動を行う必要はありますが、理想的な行動を行う必要はありません。
  3. ダイエット結果の「CHECK」:成功体験を確認

    • 理論的に正しい行動を行っていれば、必ず何らかの成功体験が得られます。
      自分が行った行動と得られた成功体験のバランスが整っていれば「もっと」という気持ちが生まれてきます。さんざん苦労して小さな報酬しか得られないのであれば、続けようという気持ちは生まれてきませんので、自分が無理なく出来る行動と期待値のバランスを整えることが大切なのです。
  4. ダイエットの「ACTION」次の小さな目標を決める

    • 「健康になるのって楽しい」というのは、健康になるために使った自分の努力のコストが、得られた報酬より少ない状態が続いているという状態です。
      小さな成功体験を繰り返すことで、「楽しい!」という状態になればずっと維持することができます。

ダイエットのPDCAを続けることが成功の秘訣

このように「自分が無理なく続けられる行動で小さな成功体験を得る」ということを続ければ、ダイエットは100%成功します。

そして、それは自分が好きで続けられる趣味になり、趣味ならば一生続けることができるでしょう。

世の中には様々なダイエット方法がありますが、「好みが変わる」という根本的な感情の変化が見込めない方法は、早かれ遅かれ100%リバウンドして、失敗します。

一生続けたいと思えるダイエット方法、それは「楽しく食べて、楽しく動く」これ以外にはありません。

ダイエットのPDCA実践編

では、ダイエットにおける「好き」と実行管理の重要性が理解したところで、ダイエットのPDCAの実践編を見てみましょう。

何をすべきかより、何をしたいか、それを考えることが大切です。

  1. ダイエット「PLAN」

    • 目標設定を正しく設定してください。
    • ここで、過剰なダイエット、1ヶ月に10kg痩せるとか言う無茶な設定や、単に「痩せる」とかいう曖昧な目標を設定すると失敗します。
    • 痩せてどうなりたいのか、好きな服が着たい、かわいくなりたい、健康的になりたいなど、具体的な目標設定をして、目標をクリアした自分を明確にイメージしてください。
    • 憧れのモデルさんや、絵が得意なら自分の理想の姿を書き起こすのも良いでしょう。
  2. ダイエットの「DO」

    • 自分が無理なくできる事を実行してください。
    • 10km走るとか、1日食べない!とか、できない行動計画を立てないように。
    • 「それならできそう」という程度の簡単な行動計画を立てる。
    • まずは5分歩いてみる、野菜を多めに食べる、とにかく、簡単なことから始めること。
  3. ダイエット結果の「CHECK」

    • 結果を確認するためにも、かならず記録すること。
    • 間違った行動をしていなければ、必ず何らかの成功体験が得られます。
    • ここで、無理をしていなければ「もっと」という気持ちが生まれてきます。
    • 「おかしい」と思ったら、行動計画を見直しましょう。
    • ここで止めてしまうと元通りです。
  4. ダイエットの「ACTION」

    • 余裕があれば、計画を修正して、より高い効果が出るようにしましょう。
    • 無理をしてはいけません。
    • 同じことを続けるというのも正解の1つです。

続けられる事を見つけることができれば、あなたのダイエットは必ず成功します。

ダイエットの失敗、それは止めてしまうということ以外にありません。

ただし、酵素〜とか代謝〜とかのダイエット商品や、腹筋だけするなど、間違った理論に基づいた行動をしていると結果が出ませんので、まず基本的なダイエットの正しい知識を当ブログで身に付けてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク