投稿日 : 2016/10/17 最終更新日 : 2018/05/22

ダイエットのために涼しくなってきた秋から運動したい?ならランニング一択です。ランニングは最もダイエット効果があり、最も始めやすく、最も達成感の得られるスポーツです。

「きつい・しんどい・楽しくない」と敬遠されがちなランニングですが、よくある誤解と今からランニングでダイエットするべき理由を教えます!ランニングはダイエットに意味ない?いいえ、ランニングは数ある有酸素運動の中では「最強」のダイエット効果がある方法一つです。

まず、ランニングはしんどいという思い込みは捨ててください

okimage4

「ランニングがしんどい」と言うのは、ランニングをやらない人にとってほぼ100%の割合で挙げられる理由の一つですね!

ランニング大好きな人に「ランニングってしんどいですか?」と聞くと「そりゃ強度によるでしょ!しんどくないペースで走ればいいじゃない!なんならスロージョギングでいいじゃん!普段走らな人ほど無理して早く走ろうとするよね〜。僕らは基本的に余裕のペースで走ってるのにねぇ」と返事が返ってきます。

特に、ダイエット目的でランニングをするのであれば、「しんどい」と思うペースで走るのは厳禁です。しんどくないと思うゆっくりとしたペースで走ってください。(詳しくは当ブログの「正しい有酸素運動とは?」の記事をチェック)

決して早く走ってはいけません。早く走れば走るほど、ダイエットのためのランニングではなくなり、ただの部活の走り込みになります。早く走るのはランニングが好きになって「もっとタイムを上げたい」と思ってからで遅くありません。

「5km走り続けてください」と言われたら普段運動していない人は「無理」といいますよね。でも「5km歩き続けてください」ならできると感じると思います。なら「早歩き」ならどうですか?「小走り」ならどうですか?

自分にとって「このペースなら何kmでも行けるわ〜」って思うペースで走ればいいんです。それが多少、周りの人より遅くても誰も気にしてません。学校じゃないんだし。早歩きや小走りでもいいんですよ。

走ることはしんどいというのは、部活動、マラソン大会、持久走という負の遺産!

img_5117

ランニングに苦手意識のある方は、若い頃に部活動や持久走で辛いのに無理やり走らされたという嫌な記憶が深く根付いているようです。私もそうでした。

学生の部活動など体力向上を目的とした走り込みや、「ゆっくり走るのは根性がない」と言った前世代的な教育を受けていた場合は、そのような嫌な記憶になっても仕方ないと思います。

ほんと、そういう脳まで筋肉で詰まった指導者の根性論の体育や部活って、日本のスポーツ業界の足を引っ張ってますよね。adidasやasicsは今すぐ「無理やり持久走をさせるな、ランニングシューズの営業妨害だ」って言うべき。

しかし、そのような苦い思い出は忘れてください!ちゃんとペースを守って走ればランニングは楽しいんです!

有酸素運動はしんどくない!いや、しんどいのは有酸素運動ではない

ランニングでダイエットする場合、まず一番気をつけて欲しいのは走るペースです!最近はAppleWatchやFitbitなど、運動中の心拍数を気軽に計測できるようになりました。

初心者こそ、ランニング時は心拍計を付けてください。心拍計はランニング上級者のギアではありません。むしろ走り慣れてくると心拍数は感覚でわかるようになってくるぐらいです。最近はAmazonでスマホ連動の心拍計が2000円ぐらいから買えますよ〜。

ちなみに、心拍計搭載のランニングウォッチでお勧めなのはEPSONのWristableGPSシリーズです。GPS搭載で、走った距離や1kmあたりのペース、消費カロリー、目標距離までの所要時間などを自動計算してくれます。

有酸素運動=ダイエットに適した心拍数を守っていれば、まったくもって「しんどい、苦しい、辛い」という気持ちになりません。

運動が苦手な方は「ダイエットの運動ってハアハア苦しい思いをしながらやるものじゃないの?」という誤った固定観念があることも多いので、ぜひとも心拍数が測れる時計を購入して、「こんな楽なペースで良いんだ」と実感していただきたいです。

秋は暑すぎず寒すぎず、ランニングを始めるのに最適な時期!

fall-1110747_640

学校のマラソン大会や持久走といえば12月や1月など真冬にやるものでした。確かにマラソンのベストシーズンは体のコンディション調整を考えると冬なのですが、普段運動しない人が、真冬に好きでもない限り外に出て運動しようか、なんて気持ちにはなりませんよね。

逆に春夏は熱すぎて熱中症の危険があり、汗が大量に出て快適ではありません。紫外線も気になりますよね。暖かくなってきた4月頃から始めるのも悪くないのですが、6月にはもう夏日になり走るのがしんどくなります。せっかく始めたランニングも、夏場中断してるとそのまま終わってしまう可能性が高い。

だから涼しくなり始める秋の10月こそが、初心者がランニングを始めるのに最高の時期なのです!

1月〜3月にランニングを始めると・・・寒すぎて始める気にならない。

4月〜5月にランニングを始めると・・・2番めにオススメ。ただしすぐ暑くなるので夏前に挫折します。

6月〜9月にランニングを始めると・・・熱すぎて熱中症になります。オススメできません。

10月〜12月にランニングを始めると・・・涼しいので走りやすい!ランニングにハマりだしても、冬場もずっと走り続けられて、2月頃にはマラソン大会に出場するという目標設定も作りやすい!

秋のランニングはあっという間に500kcal以上消費できる!

ランニングの消費カロリーは計算も簡単。体重×走った距離(km)で消費カロリーを簡易計算できます。

体重60kgの人が5km走れば300kcalも消費できます。

楽しいことは時間が短く感じるものです。季節の移り変わりを感じながら、好きな音楽を聞きながら、涼しくて気持ちいい外を走っていると、1時間ぐらいあっという間に過ぎてしまいます。

実は外で好きな音楽を聞きながらできる運動ってランニングぐらいですよ?水泳はもちろんイヤホン類の持ち込み禁止、サイクリングはイヤホンをすることが危険ですし、違法です。

ランニング用のBluetoothワイヤレスイヤホンも多数発売されています。走るペースや心拍数に合わせて自動選曲してくれるイヤホンなんてものもあったりします。

ランニングは、体重や走るペースにもよりますが、1時間も走れば400〜600kcalものカロリーを消費できます!しかも筋肉がついてボディラインも美しくなり、痩せやすい体質へと体を変えることができます。

秋のランニングは目標設定がしやすい!フルマラソン完走も視野に入る!

Julia from birmingham, england - The Great North Run

Julia from birmingham, england – The Great North Run

例えば9月からランニングを始めたとしても、来年2,3月の10kmマラソンやハーフマラソンの大会に出場することができます。最近は東京マラソンのような大規模な大会や女性限定の大会など、参加するだけでも楽しい大会が毎週のように開催されています。

フルマラソン完走だけなら意外と簡単って知ってる?

「人生初のフルマラソン完走しました!」という大きくてわかりやすい目標設定ができる趣味はランニングの醍醐味ですよ!

「フルマラソン完走」するだけなら意外と簡単です。普段まったく運動しない人、学生時代部活動してなかった人でも、半年〜1年間トレーニングすれば誰でもフルマラソンなら完走できますよ。ハーフマラソンならもっと楽です。

最初は1kmでもOK!今日は会社帰りに靴を買って、次の週末に走ってみよう!

出典:阪急阪神デパート

出典:阪急阪神デパート「NIKE(ナイキ)」のランニングウエアで、爽やかスポーティーガールに!

ランニングは靴さえあればすぐにでも始めることができるスポーツです。入会金や月会費もかかりません。家から出たら即会場です。

ぜひとも会社帰りにスポーツショップに寄ってみてください。最近はデザインに凝った魅力的なランニングシューズやウェアがたくさん販売されており、スポーティーなファッションとしても楽しめます!

一人で走るのにちょっと抵抗がある方は、初心者限定のランニングイベントなどもあちこちで開催されています!

他にもまだまだランニングの魅力はあるのですが…とにかく一度、オシャレなランニングウェアを揃えて、秋の涼しい公園を「ゆっくり走って」みてくださいね。

ランニングに関する他のおすすめ記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク