投稿日 : 2016/11/11 最終更新日 : 2018/05/26

明日からランニングを始めよう!資格の勉強を始めよう!と思っても、大体は週に1,2度から始めますよね。週末だけとか。
ところがダイエットに関しては、何故か、頑張ろうと思った日から週7日休み無く続けるものだという印象を持っている人が多いと思います。

これがダイエットが大変であるという間違った認識や、失敗の原因になっているんです!そこで、本日は誰でも続けられるダイエットとして「週2ダイエット」というプランを提案したいと思います!

長く続けられるダイエットは「週2日だけがんばる」がポイント

84c65c748fe7ffcc25dacdccac526f84_s

よく考えてみてください。

毎日1時間アルバイトで働くより、週に1日、7時間働いた方が楽に感じると思います。

これはダイエットでも同じで、例えば週6日はちゃんと摂取カロリーをほどほどにコントロールして、体重が増えないように現状維持とする。

現状維持で良ければ、暴飲暴食を避ければ、しっかりダイエットに励むより、食事は好きなものが食べれます。食事のストレスを感じずに日々を過ごせるというのは大変重要なことです。

週7でダイエットは上級者向け!初心者は週1回から。

スポーツジムに通うのが週1,週2でも大変だというのに、なぜダイエットは週7で休みなくやろうとするんですか?仕事でも週に2日は休みがありますよ?

そんなストイックすぎる生活をしていると、毎日「少しでも多く我慢しないと・・・」というストレスを四六時中受け続ける事になるので、そのストレスが原因で失敗に繋がります。ダイエットはストレス管理が重要です。食事制限然り、運動然り、ストレスを感じるようなダイエットは絶対に継続できません。

なのに、なぜかみなさん、週7で頑張って、ピタッと止める。そりゃ失敗もするし、リバウンドして当たり前です。おかしいと思いませんか?

ただし、頑張れる日だけ頑張るという考え方もNG

ベストエフォート(頑張れるだけ頑張ります)という考え方は、夏休みのように「宿題しないと・・・宿題しないと・・・」というストレスを抱えながらずっと過ごすことになります。非常にストレスコントロールが難しいやり方なので、ゆるく長く続けることが成功につながるダイエットにはオススメできません。やるときはやる。休むときは休む。ライフワークバランスが重要とされている仕事と同じで、メリハリをつけることがダイエット成功の秘訣なのです。

長く続けられる!週2日ダイエットの実践方法と効果

lgf01a201407291000

話は戻りますが、週2日ダイエットプランの実践例を紹介します。

長く続けられる「週2」ダイエット基本編

  1. 体重は必ず毎日計測する
  2. 週に5日、仕事のある平日は、ダイエット休憩。体重が現状維持となるように食事のカロリーを程々にコントロール。ストレス無く過ごすことを目標にする。
  3. 平日は特別な運動しない。
  4. ただし、オーバーカロリーにならないように、暴飲暴食だけは避ける。
  5. 土曜日や日曜日など、時間や気持ちに余裕のある日はダイエットデー!食事制限や有酸素運動をしっかりがんばって、1日200kcalのマイナスを目標とする。

こんなゆるいダイエットでもしっかり痩せられる理由

このプランを仮に週2で400kcal分、削減できるように運動や食事制限を行った場合、月にすると3200kcalも削減でき、無理せず脂肪が約0.5kg減る計算になります。

ここで注目してほしいのは、減った体重ではなく、「無理せず減らせた」という点です。無理なく続けられるということは、習慣化できるということです。週2が物足りないなと思ってきたら、週3、週4と増やしていって、自然と毎日当たり前の習慣として身につけることも可能となります。本来、習慣というのはそうやって徐々に身につけていくものだと思いませんか?

裏技ダイエットはありません。もういい加減あきらめてください。

「続けられるダイエット」で調べると、まぁ出るわ出るわ、おすすめできないダイエット法ばかり。ダイエットに裏技はありませんし、特定の食材を食べても食べ過ぎには勝てません。小手先のダイエット方法で痩せようとするのは、火事を霧吹きで消そうとしているようなものだと覚えておいてください。

こんなダイエットを取り入れるのはNG!

ココナッツオイルダイエット、オリーブオイルダイエット

ココナッツオイルやオリーブオイルを1日3〜4杯程度いつもの食事や飲み物に加えて摂取するだけの簡単ダイエットです。

油は1g9kcalもありますので、他の食生活を変えずに油を増やしても、その分余計に太るだけです。良質な油をいくらとろうが、食べ過ぎは痩せません。

ホットヨーグルトダイエット

ヨーグルトを温めてから食べるダイエットです。ヨーグルトを温めることで、腸が活発になる、代謝が良くなる。。。

腸内環境と肥満の関係性があるという研究結果を都合よく解釈したダイエット法。いくら善玉菌で腸内環境を良くしようが、食べ過ぎはきっちり太ります。

キャベツダイエット

朝食、昼食は普通に食べ、夕食前にキャベツを食べる!と血糖値が上がりにくくなり空腹感に悩まされないダイエットです。

血糖値を上がりにくくするのはダイエットにおいても健康においても大変大事なことです。キャベツを先に食べることで少ない量で満腹感も得られるでしょう。あなたがずっとキャベツに飽きなければの話ですが。キャベツに飽きたら次はどうすんの?

同様に、他の〇〇を食べればダイエットというのは、人間は同じ行動に必ず飽きるという重要な問題を完全に無視したその場しのぎのダイエットと言えるでしょう。そんなダイエットを求めている限り死ぬまで永遠に新しいダイエット法を探し続けることになりますし、そういう人で痩せてる人、見たことある?

玄米ダイエット

糖質を食べても健康的に痩せられる!と噂になっている「玄米ダイエット」。1食を玄米にしただけで、2週間で3kg減、ウエストマイナス6cmを達成したという報告もあるようです。

まず、糖質を食べると健康的に痩せられないという糖質制限万能論者になってはいけません。糖質は健康を維持するために必ず必要な必須栄養素です。たしかに玄米は白米よりもGI値が低く、栄養価が豊富で健康にもダイエットにも良い効果はあります。でもカロリーは白米とほとんど変わらないので、食べすぎていると痩せません。玄米にしただけで痩せたという報告とか、一体どこの誰の話ですか?「パンを食べたことのある人は90年以内にほぼ100%死亡している」みたいなとんちですか?

とりあえず適当にダイエット情報を載せておけばいいというブログにいちいち突っ込んでいてもきりがないのですが、特定の食材が楽して痩せるという結果につながることはありません。研究レベルではマウスの脂肪細胞に変化があった・・・という有意差が報告されていることもありますが、残念ながら「これ食べてたら脂肪がみるみる減っていく」というような結果にはなりません。

簡単に痩せる成分を含む食べ物、それは「毒」って言うのでは?

エフェドラという麻薬成分を含むサプリメントが痩せ薬として販売されてた時代もありましたけどね。エフェドリンの効果は高く、本当に飲むだけで痩せるという効果があったそうですよ。ただし命にかかわる副作用もありましたけどね。現在は厳しく規制されています。

痩せる成分というのは、上記のように人間の体に危険な効果をもたらす成分なのです。今後も新たに見つかる可能性はありますが、マジックマッシュルームを始めとして話題になった危険ドラッグのように速やかに規制されるでしょうね。

月に500gだけでも痩せれたら、一年後は別人のようになっているはずなのに。

2ヶ月でマイナス10kg達成!などと言った極端なダイエットの広告に見慣れてると、1ヶ月に0.5kgは少ないように感じるかもしれません。

ところが月に0.5kgでも、1年続けたらマイナス6kg。ストレスが無いダイエット方法なら1年でも一生でも続けられるはずです。マイナス6kgも脂肪を落としたら十分、人が変わったかのようにスタイルも変わりますよ!

長く続けられる「週2」ダイエット応用編

体重が減少してきて、週2のダイエットに慣れてくれば、平日も頑張れるかも。という前向きな気持ちが生まれてくるかもしれません。そうなっても、急にダイエットの強度は上げてはいけません。

  1. 平日の運動量を増やす。積極的に階段を使う、ウィンドウショッピングなど街歩きの時間を増やす。
  2. 平日の食事量を少し改善してみる。夕食の炭水化物を控えめにする、野菜を増やすなど、食生活の改善ポイントを増やす。
  3. 平日のうち、曜日を決めて、例えば水曜日はスポーツジムに通って水泳をする。※曜日を決めてルール化するのがポイント。行けたら行く、では行きません。

1年待てればマイナス6kg、習慣化もできる、リバウンドもしないダイエットと、2ヶ月で6kg痩せられるけど、習慣化もできないし、リバウンドもするダイエット、どちらが長い目で見て得なのか明白ですよね。

月に1kgずつでいいから痩せてご覧なさい、だいたい無理ですから

「2週間で5kg痩せます!」「夏までに10kg痩せます!」という目標を掲げるのは良いのですが、そんな大目標じゃなくてもいいので、毎月コンスタントに1kg、500gですらちゃんと痩せることもできていない人が大半です。

広告のように2ヶ月で6kg痩せる方法は簡単ではありません。急激なダイエットには必ず強いストレスが付いてきます。

それをなんとか頑張って2ヶ月のダイエットチャレンジを終了しても、その後元の生活に戻してリバウンドしてしまえば、1年後にはマイナス6kgどころかプラス6kgも十分にあり得る話です。

長く続けられる、週2日ダイエットが特にオススメな人は?

saya160105432164_tp_v

ダイエットが続かない、標準体重前後の女性におすすめ

標準体重を少し超えていて、すぐに10kg・20kgと痩せる必要はないけど、出来れば健康や美容のために、もうちょっとだけ痩せたいんだよね…と思いつつ、なんとなく色んなダイエットを始めたり止めたりしている人に特におすすめするダイエットです。

日常的な暴飲暴食を続けていて、生活習慣病のリスクが高まっているような場合はここまで悠長にやってられないので、生活習慣を全面的に見直すべきです。

今の日本には、「私は10kg近く痩せたい」と思ってる人が多いのですが、実際のところプロのダイエット指導の現場では、3,4kgも減量できれば十分な健康・美容的な目的を達成できる人が多いのが現状です。

これからのダイエットは、週1,週2だけがんばる。

それ以外の日は、体重が増えないように現状維持するだけ。とっても簡単で、誰でも続けられます。一度試してみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク