投稿日 : 2016/11/19 最終更新日 : 2018/05/30

ダイエット中の”食べ放題”みなさんはどうされてますか?

ホテルの朝食ビュッフェや、スイーツバイキングなど、魅力的な食べ放題プランがたくさんありますよね。
ダイエット中だからと言って、どうしても付き合いで食べ放題に行くことってありますよね。そんな時に役立つポイントをご紹介します。

食べ放題に行く前の心がけ

食事を抜かない

「夜は食べ放題だから、朝と昼は抜いてきました!」これはNG。普段以上にお腹が空いて太りやすい状態で食べ放題がスタートしていまいます。欠食は脂肪を溜め込みやすい状態にもしてしまうので、食べ放題の前に食事を抜くのは絶対NGですよ!

水分をしっかりとっておく

食べ放題に行く前に、ノンカロリーのお茶や炭酸水など、水分補給をしっかりしておきましょう。のどが渇いた状態だと、必要以上の食欲につながってしまいますし、食べ放題で提供されているジュースやアルコールなどをたくさん飲んでしまいます。(食べ放題で水って選びにくいですよね)もちろん、食べ放題中も、できればソフトドリンクよりアイスティーやお茶など、ノンカロリーのドリンクを選んでください。

勝ち負けを意識しない

食べ放題はレストランとの戦いではありません。たくさん食べたほうが勝ちというルールのフードバトルでもありません。食事を楽しむところですよ。楽しく食事をすることがレストランにとっても、あなたにとっても「勝ち」なのではないでしょうか。

食べ放題の時間を選べるなら朝食>昼食>夜食。

同じ予算なら高級ホテルの朝食ビュッフェを誘ってみて!

夜食より昼食、昼食より朝食のほうが、多少食べすぎてしまったとしても、まだその日のうちにエネルギーを消費できるのと、次の食事で調整しやすいのでまだ太りにくくてすみます。もし選べるなら、「早起きして朝食バイキングに行こうよ!」と誘ってみてください。ちなみに、高級ホテルの朝食ビュッフェは泊まらなくても利用できますし、昼食や夕食のバイキング(5000円〜10000円)に比べるとたったの3000円程度でリーズナブルですよ。ビジネスホテルの朝食ビュッフェしか食べたことない人はぜひとも体験してみてください!

筆者注:私は予算3000円で街中のランチバイキング行くぐらいだったら、絶対高級ホテルの朝食ビュッフェだなぁ…

ダイエット中の食べ放題は…とにかく、食べ過ぎないこと!

9789f6412523ee1a9ea5d64d59e3141e_s

誰もがわかっていることですよね。当たり前ですみません。しかし、わかっていても「元を取らなきゃ!」と頑張ってしまう方がいらっしゃいますのでリマインドです!自分の適量をしっかりと把握したうえで、臨むことが肝心です。

食べ放題で、元を取ることはできない!

食べ放題で元を取るなんて考えはやめましょう。食べ放題の価格設定は、必ず利益が出るように設定されています。全種類食べる!なんてもっての外です。実はダイエット中でも、食べ放題には、食べ放題ならではのお得な食べ方があるんですよ。

ダイエット中の食べ放題は…食べる前に、全ての料理を見る!

dbaef53380d844623ce8df2875117a1b_s

食べ放題が食べすぎてしまう理由

ホテルの朝食ビュッフェを例に挙げてみます。ホテルの朝食ビュッフェっていつも以上に食べてしまいますよね。
あれ、なぜだかわかりますか?

実は、料理の見せ方にポイントがあります。料理台の手前から順番に取っていくと、主菜や主食は相当な種類になりませんか?これもあれも美味しそうと、次から次へと取ってしまうため、いつも以上に食べ過ぎてしまいます。

そこで、ポイントは、食べる前に全ての料理を一通り見てからお皿に盛りましょう。全体を俯瞰することで、自分の1食を頭の中でイメージすると良いですよ。

きれいに盛り付けること!

食べ放題に来ている太った人のお皿はたいてい盛り付けが残飯のようになっています。

ここは、お店のようにきれいに盛り付ける工夫をしてみましょう。丁寧に盛り付けることで、丁寧に食事をするという意識が生まれます。お皿は何枚まで!と決まっているわけではありませんから、料理が映えるようにきれいな盛り付けで食べましょう。

ダイエット中の食べ放題は…コース料理を自分で作ろう!

82408764c297293fbff2c1e76d1fc8ec_s

せっかくのビュッフェ、自分へのご褒美も兼ねてコース料理を作ってみましょう。フルコースにしてしまうとカロリー過剰摂取となってしまいますので、軽めのコース料理をイメージしてみましょう。選び方のコツも伝授します!

食べ放題で選ぶべき:前菜

野菜たっぷりサラダに、軽めのカルパッチョを添えて。野菜を沢山たべることで、血糖値の上昇を穏やかにさせ、少ない量で満腹感が得られます。

食べ放題で選ぶべき:スープ

コンソメスープなどクリーム状でないもの。内蔵を温めて消化を促進して!

食べ放題で選ぶべき:メイン料理

ローストビーフ、海鮮料理、魚の煮物など、揚げてないものをチョイス。

食べ放題で選ぶべき:デザート

ケーキはNG!フルーツか、ゼリーなどの透明のものをチョイス!

数ある料理の中から、これを食べよう!と決めて食べるので、本当に価値あるもの&本当に美味しいものを吟味でき、お得感も得られます。

食べ放題でできれば避けたい料理

揚げ物:コロッケ、ポテトフライなど

そうでなくても食べ過ぎの危険がある食べ放題。ポテトフライなど揚げ物は避けてください。

炭水化物:パスタ、パン、お米など

せっかくのバイキング。糖質を過剰に避ける必要はないのですが、できればパスタ、パン(特にデニッシュなどのクロワッサン系)、お米などは極力避けましょう!

アルコール:ビール・ワインなど

食べ放題でただでさえエネルギー過剰になりがちなときに、アルコールがプラスされると太りやすさ倍増です!ダイエット中の食べ放題であれば、アルコールは我慢してください!

悩むときはキレイな人のお皿をのぞき見して!

どれこれも食べたい・・・でも太りたくない。そんなときは、痩せていてキレイな人のお皿の盛り付けをのぞき見してみましょう!きっと、彩りがキレイで野菜中心なお皿になっているはずですよ。そしてローストビーフやカルパッチョなどのタンパク質をしっかり選びつつ、揚げ物などの炭水化物は控えめになっているはずです。

ダイエット中の食べ放題は…炭水化物・たんぱく質・ビタミン・ミネラル・食物繊維を意識して!

ローストビーフ

炭水化物:ごはん類、麺類、パン類、シリアル類
たんぱく質:肉、魚、卵、大豆製品、乳製品
ビタミン:野菜、果物
ミネラル:野菜、果物、海藻類
食物繊維(水溶性&不溶性両方):野菜、果物、海藻類

食べ放題には、これらの食材が必ず揃っていますので、元を少しでも取りたいのであれば、原価が高く栄養価の豊富なタンパク質、野菜、フルーツを選ぶようにしましょう(笑)

洋食→和食→中華など、料理ジャンルの海外旅行はNG!

ホテルの朝食ビュッフェなどでは、最初に洋食を食べて、次に和食・・と料理の海外旅行をする人も多いのですが、これは絶対にNG!あっという間にカロリーオーバーになってしまいます。

どうしても洋食と和食を食べたいのであれば、洋食はパンやパスタ、揚げ物を避ける、和食はご飯を避けてください。でもそんな食べ方するなら、どっちかに絞って食べたほうがいいと思いますけど!

普段食べないジャンルの料理を食べる!

せっかくなので、普段和食の人は洋食、和食の人は洋食など、いつもと違う食事をすれば料理を新鮮に楽しむことができますよ。

ダイエット中の食べ放題で気を付けたいサラダは脂質&塩分の過剰摂取につながる

サラダ

野菜にはビタミンもミネラルも食物繊維も入っているから、ダイエットのためにサラダをたっぷり食べよう!と思っている方要注意です。サラダはドレッシングをかけて食べるため、ドレッシングのオイルや塩分を摂りすぎてしまいますので注意しましょう。

野菜たっぷりのダイエットサラダにするためには、以下のポイントをチェックしましょう!

  • ドレッシングの代わりにタンパク質でアクセントを付ける(肉野菜巻きのイメージで)
  • ノンオイルのドレッシングを選ぶ
  • 少量の塩で食べる
  • ドレッシングは別のお皿にとって、つけて食べる
  • 葉物野菜だけではなく、トマトなどの彩り野菜を多めに。

ダイエット中の食べ放題は…食べる順番を意識して!

2295e75600a72511ab07a2175c5e224b_s

食べ順を工夫して、血糖値をコントロール

肥満と血糖値は切っても切れない関係にあります。血糖値なんて自分には関係ない!と思っている方もいらっしゃると思いますが、「常に何か食べたい願望」のある方は、血糖値が少しでも下がると食べたくなってしまう悪いサイクルに該当します。そんな血糖値をコントロールするためにも、食べる順番を意識しましょう。

食後の急激な血糖値上昇を抑えるためには、水溶性食物繊維が効果的です。水溶性食物繊維は、ネバネバする食べ物に多く含まれています。例えば、オクラ・なめこ・長いも・めかぶなどがおすすめです。

ダイエット中の食べ放題の…食べる順番

  1. 水溶性食物繊維を多く含む食材(主に野菜)
  2. スープでお腹を膨らませる(ミネストローネなど脂質の少ないものがおすすめ)
  3. メイン料理(肉や魚)
  4. 主食(炭水化物)
  5. デザート(コーヒーなどと一緒に摂ることで、燃焼効果が期待できる)

ダイエット中の食べ放題は…食べ始めから食べ終わるまでゆっくり1時間以上かけて!

フルコースはゆったりとした時間の中で、会話を楽しみ、お酒を楽しみ、料理を味わいますよね。それと同じです。じっくりと味わって食べることで、料理の味の変化を楽しんでみてください。

そして、仲間との楽しい会話も大切です。会話をしながら食事をすることで、唾液の分泌が高まり消化吸収の助けになります。ゆっくり時間をかけて食べることで、嚙む回数も増え満腹中枢への刺激にもなります。

元を取ろうというガツガツした気持ちで食べるのではなく、穏やかな気持ちで、ビュッフェを楽しんでみてくださいね。

もし食べすぎてしまったら・・・歩く+次の食事で調整

多少食べすぎてしまっても次の食事で調整することで、脂肪として蓄えられる分を抑えることができます。それでも、ついついテンションが上がって食べすぎてしまった・・そんな失敗をしてしまったときは、こんな方法でケアしてください。

食後15-30分後から1時間を目標に歩くことで、血糖値の上昇を抑えられます。

これは糖尿病の治療でも行われている指導の一環なのですが、食後少したってから軽い運動をすることで、血糖値の上昇を穏やかにさせる作用があります。

食べ放題で食べすぎてしまった・・・そんなときは、少し落ち着いてから少し遠目の駅まで歩いて帰ったり、近くのお店でウィンドウショッピングをするなど、意識的に長く歩くようにしてみてください。歩く時間の目標は1時間です!タクシーで帰るなんてもってのほか!

次の食事は軽めに!おすすめは「雑穀おかゆ」や「スムージー」

次の食事を軽めの500kcal程度に頑張ってキープしましょう。欠食はできればしないほうが良いのですが、胸焼けなどを起こしているのであれば無理に食べなくてもOK。また、食べすぎて消化が追いついていない状態で、食欲が無いのに次の食事の時間だからと無理に食べる必要はありません。

いつもより大量の食事を食べてしまっているときは、内蔵も大忙し。少し休めてあげるために、次の食事はおかゆなど、内臓に優しく、体を冷やさないローカロリーな食事で調整してください。

夜のお酒もNGです!食べ放題後はいつもより太りやすい状態!

食べ放題で大量に食べすぎて、体内に過剰なエネルギーが持て余している状態で、さらにアルコールが入ってくると。体内はそのアルコールを最優先で処理するため、食べ放題で食べた過剰なエネルギーは全て脂肪として貯蔵する方に回してしまいます!

カロリーカット系サプリに効果なし!

「食べたことをなかったことにする」とか言うカロリーカット系のサプリメント。あれは気分的にも楽にしてくれるだけで、(あなたが期待しているような)ダイエット効果や食事の無効化スキルはありません。気休め程度に飲んでおくぐらいなら良いと思いますが、「カロリーカットサプリを飲んでいるからいくら食べすぎても平気」みたいな考え方は非常に危険です。そういう思想は確実にあなたを太らせます。

チートデイとかいう言い訳をしないで

ダイエット中、あえて大量に食事をすることで脳をリセットするチートデイというダイエット法が紹介されたりしますが、これに根拠は全くありません。毎日厳しく消費カロリーや摂取カロリーを管理できるアスリートなどプロ向けのダイエット法。素人のダイエットレベルでは単なる大食いの域を出ませんので、都合のいい情報だけの言い訳になるだけです。

食べ放題の翌日、体重が大変なことになっていても、それは脂肪ではありません。

人間は、たま〜にたくさん食べたからといって、それが全て脂肪になるわけではありません。増えた体重の殆どがウンコと水分です。元の食生活に戻して数日経てば必ず体重も落ち着きますので、慌てて酵素ドリンクや水素水ダイエットなど怪しげなダイエット法に手を出さないように気をつけてください。ダイエット業者の思う壺ですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク