投稿日 : 2016/12/10 最終更新日 : 2018/06/02

飲み会が増える季節になりました。みなさん、食事のコントロールに悩まれるかと思いますが、数ある飲み会のうち1回くらいは“食べたいものを食べて、適度に飲酒”したいですよね!そんな方におすすめしたい事は、「忘年会の会場を自ら予約することです!」(笑)

そう、ダイエットに向いているお店にするだけで、簡単に解決できるのでお試しください。では、ダイエットに向いているお店ってどこ?を詳しくお伝えいたします。

脂肪燃焼効果が期待できる「ラムしゃぶ」とは

6829bf6e56e7deca4391666270184dbc_s
ダイエットのためにそこで普段から意識していることは、「基礎代謝を上げること」と「摂取カロリーが目標を超えないこと」の2つです。基礎代謝を上げるためには筋力アップは欠かせませんが、なかなか出来ていないのが現状です。

そこで私がやっていることは、脂肪燃焼効果を高める食材を選ぶことです。基礎代謝が少し低くなってしまっても、脂肪燃焼効果を高めることでカバーしてしまおう!と言うズボラな考えです。(^^;)

ラム肉に豊富、脂肪燃焼効果を高める栄養素『L-カルニチン』

oy151013071416vsd
脂肪燃焼効果を高めるためにおすすめな栄養素は赤身肉に多く含まれる、L-カルニチンです。
L-カルニチンは、アミノ酸の一種です。体内での役割としては、脂肪の燃焼を助け、エネルギーを作り出すことです。そう!L-カルニチンは余分な脂肪を燃焼し、体形維持に効果的な栄養素の一つです。

L-カルニチンを豊富に含む食材『ラム肉』

3bf2b139056f2bc4ca1e9bd732803f14_s
L-カルニチンは赤身肉に含まれていますが、特に羊肉に多く含まれています。
羊肉はラムやマトンがありますが、違いは生後どのくらい経過したものかで呼び方が変わります。個人的にはマトンは独特の匂いが強いためラム派です。L-カルニチン含有量は大差がないため、お好みで選択していただけたらと思います。ちなみに、「ジンギスカン」てよく聞きますが、ジンギスカンとは羊肉を野菜と一緒に焼いた料理名になりますので、こちらもおすすめ料理です!

ダイエット中の忘年会&新年会にラムしゃぶはいかが?


私の大好物「ラムしゃぶ」を、ぜひとも年末年始の飲み会のお店として選んでみてはいかがでしょうか?
クセが少なく食べやすいです。しゃぶしゃぶなので、余分な脂肪分を落とせます。お店によりますが、ポン酢でさっぱりといただくのが私は好きです。個人的な好みを書いてしまいすみません。でも、本当におすすめです!
写真は、「ラムしゃぶ金の目@銀座本店」さんよりお借りいたしました。こちらのお店、私は何度か伺っていますが、本当においしいです!ラムしゃぶの概念を覆す、苦手な方も好きな方も万人受けのお店ですので、東京にいらっしゃる方は一度お試しください。

ラム肉を食べられるお店をみつけられなかった方へ

95bdf690c4aa304b3ca02172cb5bf364_s
L-カルニチンは体内で合成することが可能です!必須アミノ酸のリジンとメチオニンから肝臓で合成されるため、それらを含む食材を摂ることで補えます。

■リジンを多く含む食材
牛乳
チーズ
鶏肉 など

■メチオニンを多く含む食材
鶏肉
牛肉
まぐろ
かつお
牛乳
チーズ
豆腐
ナッツ類 など

どちらの栄養素も含む、牛乳・チーズ・鶏肉はおすすめです!ただし・・・牛乳やチーズは脂肪分が高めになり、カロリーの過剰摂取につながる可能性があるため、鶏肉メインで考えるのが良さそうです。年末年始のお店は、脂肪分の少ない「ささみやむね肉を使った焼き鳥」などはいかがでしょうか?

ちなみに・・・L-カルニチンを体内で合成できる能力は、年齢とともに低下するという研究結果があります。年齢も気になってきている方は、比較的多店舗のジンギスカン屋さんが良いかもしれません。

最後に、L-カルニチンの隠れた働きについて・・・

imaric20160805310323_tp_v
実は、L-カルニチンは疲労回復効果も期待できます。L-カルニチンが不足することで、エネルギーが効率よく作ることが出来なくなり、体のだるさや疲れがなかなかとれない、慢性的な疲労状態に陥ってしまいます。今年も残りわずか!L-カルニチンが不足する前に補って、今年の疲れを早めに解消して乗り切りましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク