投稿日 : 2016/12/20 最終更新日 : 2018/02/02

ニューヨーク発の最新エクササイズのブームも毎年どんどん新しいものが出てきますね。

振り返ると、日本ではカービィダンス、ホットヨガ、ピラティス、ビリーズブートキャンプ、ロングブレスダイエット、コアリズム、ポールダンス、暗闇フィットネスなどが流行しました。

一時の流行ではなく定着して長く親しまれているものもあります。本日は今まさにホットなエクササイズ。そして次に来そうなエクササイズ「オレンジセオリー」をご紹介します。

新しいエクササイズブームがニューヨークからくる背景

american-fittness

流行エクササイズの多くはニューヨークからやってきます。その理由を探ってみたいと思います。

アメリカ(ニューヨーク)の成人肥満率31.8%と言われています。つまりアメリカ人の3人に1人は肥満ということになります。比べて日本人の肥満率は4.5%です。

また、フィットネス人口(民間スポーツクラブへの参加率)にも大きな差があります。

アメリカのフィットネス人口は17%。比べて日本はたったの3.3%!!

肥満人口は日本の8倍、そしてフィットネス人口も日本の5倍いるアメリカは、それだけダイエット、エクササイズに関心が深く、それだけビジネスチャンスも大きいです。故に新しいフィットネスアイデアがどんどん生まれるのかもしれません。

ニューヨーク発、暗闇フィットネス

spin_cycle_indoor_cycling_class_at_a_gym

近年では、暗闇系フィットネス(暗闇ボクシング、暗闇サイクリング)などがアメリカからブームとしてやってきました。暗闇空間の中ディスコ系ライトと爆音で音楽を聞きながらエクササイズをするというものです。ハードな有酸素エクササイズも音楽と照明の力でトランス状態の中行えば乗り越えられる?!という考え方のようです。暗闇でバイクを漕ぐFEELCYCLEでは45分の1レッスンで約400~800kcalのカロリー消費ができるそうです。これはかなりの消費量ですね。

暗闇ボクシングのb-monsterやfeelcycleなど、暗闇系ジムを全部初回体験した結果、最終的に渋谷のRサイクルスタジオに入会した話。

暗闇×ボクシング 話題のb-monsterを体験してきました!ハードなフィットネスって本当!?ダイエット効果はあるの?

ニューヨーク発、シルクサスペンション

silk-suspension

天井から吊るされたハンモックのような布にぶら下がりながらエクササイズをします。NYでセレブ指導も担当する有名な双子のピラティスインストラクター姉妹により開発されました。

ハンドルが付いた2本のサスペンションとハンモック状のサスペンション、2種類のサスペンションを用いて行うエクササイズです。ハンモックに揺られる心地よさを楽しみながら体幹を鍛えることが可能です。

2017年12月についに日本上陸「世界一の1時間」オレンジセオリー

出典:www.orangetheoryfitness.co.jp

高強度インターバルトレーニング、ファンクショナルトレーニング、そしてローイングマシンによるトレーニングを、グループで行います。コーチが全体をリードしながら、ひとり一人を手厚くサポートする、新しい形のトレーニングです。最新の音楽をバックに、ハートレイト(心拍)モニターのオレンジゾーンを目指して、1時間楽しくワークアウトします。

全米各地に支店があるオレンジセオリーがいよいよ日本上陸。心拍数を常時スタジオのモニタースクリーンに表示させながらグループエクササイズをします。

心拍数を常時モニタリングすることで、適切な追い込み強度を知りながらエクササイズができます。インストラクター側も生徒さんの「きつい。。もうだめ。。」が本当にもうだめなのか、まだまだ頑張れるのかが数値で把握できます。

ニューヨーク発、最新フィットネスを知るために

エクササイズは自分がハマれるものを探すのが一番です。流行に敏感な方は流行りのエクササイズを都度取り入れることで楽しく取り組めるでしょうし、一つの事を深めたいタイプの方はヨガやピラティスのような王道エクササイズを長年研鑽していくのも素晴らしいことです。

楽しく・習慣的に・身体を動かす手段は人それぞれで良いと思います。今の自分が素直にハマれるものを探してみてくださいね。ハマれる=習慣にできるがポイントです!

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク