投稿日 : 2017/02/07 最終更新日 : 2018/06/04
(1) / (2) / (1) / (4) / (1) / (2)

こんにちは!管理栄養士の春日です!^^

暫く暖かい日々が続いていたのですが、2月に入ってまた一段と寒い日々が続いてますね。実はダイエットは冬に向いている? 痩せやすい身体にするには暖める? しょうがはダイエットにいい?などなど!色々な情報がありますが、本当なんでしょうか?本日はその真相に迫っていきましょう!!

ダイエットは体を温めやすい冬のほうが向いている?

暑い夏、外に出ると汗が吹き出てきますよね。それだけで痩せていそうな感じがしますが、意外にもやせやすいのは「冬」の方なんです。

結論から話すと、ダイエットは冬のほうが向いています。その理由いくつかご紹介したいと思います^^

冬は身体を暖めようとする

人は「恒常性動物」の部類です。恒常性動物とは簡単に説明すると外部の気温が変わっても体温は一定に保つ動物のことをいいます。恒常性動物は主に哺乳類が部類されています。

逆に、外部の気温が変わると共に体温も外部の気温に合わせて変わる動物のことを変温動物といい、主に爬虫類や昆虫類、魚類のことをいいます。

人間は恒常性動物に入りますので、外部の気温が変わっても体温は「35℃~37℃」に保とうと身体は働きかけます。

身体の体温を上げるためには「エネルギー」を必要とします。そのエネルギーは私たちが普段から行っている「食事」によって取り入れた食べ物がエネルギーに利用されているのです!このことを「食事誘発性熱産生」と呼ばれています。ちなみに、この「食事誘発性熱産生」は、たんぱく質のみを摂取したときは摂取エネルギーの約30%、糖質のみの場合は約6%、脂質のみの場合は約4%で、通常の食事はこれらの混合なので約10%程度になります。

引用元:厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

したがって、冬は「太りやすい」イメージがありますが、食べたものをエネルギーとして利用して体温を上げようとするので、進んで燃焼してくれるのです

だからといって油断して食べ過ぎには注意ですよ。

冬は暖かい食べ物を好む

冬の定番といえば「鍋」!「おでん」!「シチュー」!想像しただけでホクホクあったかいですね~暖かいものを食べた後って、身体もぽかぽかしませんか?身体をポカポカとしているのは血流がよくなってるのです!

夏は体を冷やす食べ物を食べてしまいがち

暑い夏は、冷麺や氷菓、冷たい飲み物など、ついつい体を冷やす食べ物ばかり食べてしまいますよね。体を冷やす食べ物ばかり食べていると、胃腸の調子も悪くなったり、外で運動するのにも暑すぎたり…、ダイエット向きの季節ではないのです。

身体を温めることの4つのダイエット効果

身体を暖めることによって、ダイエットにおけるメリットは以下のようなものがあります。

脂肪の燃焼促進

ダイエットしている方にとってはこのメリットが一番うれしいのではないでしょうか。

身体を暖めることで代謝もUPするのです!代謝がUPするということは肌の新陳代謝も促進され、消費されるカロリーもぐっとあがるので、痩せやすい身体につながるのです!

細胞に栄養素と酸素が運ばれやすくなる!

それは細胞に栄養素と酸素が運ばれやすくなるのです。原理としては、身体が暖まることで血管が拡張され、血流がよくなります。血液の流れによって栄養素と酸素が運ばれるようになるのです。

せっかく摂取した栄養素を無駄にせず、しっかりと行き渡してそれぞれの器官に働かせたいですよね。また、お肌にも栄養が行き渡って綺麗になりますよ。冷え性改善にも効果的です!

免疫力が高まる

こちらも上記の2つの理由が重なって、免疫力が高まるといわれています。

老廃物の排泄促進

老廃物は新陳代謝とともに排泄されます。したがって、身体を暖めることにより、代謝がUPし、新陳代謝を促進させる。という流れで

老廃物も積極的に排泄してくれるのです!

体を温めるダイエットで取り入れたい食べ物

では、積極的に身体を暖めてくれる食べ物ってなんなのでしょうか。

  • ニンニク
  • 山椒
  • 胡椒
  • 唐辛子
  • 芥子
  • ニラ
  • 生姜
  • パセリ
  • カボチャ
  • 羊肉
  • 鶏肉
  • 牡蠣
  • なまこ
  • マグロ

挙げられます。いわれてみれば冬によく見る食材ですよね。ショウガとネギ、ニラたっぷり入ったキムチ鍋とか食べたくなっちゃいますね~また、いつものスープにショウガをプラスしてみてはいかがですか?ポカポカになりますよ!ぜひ試してみてくださいね!

体を温める食べ物を食べて、痩せやすい身体つくりをしてきましょう~!

ちなみに…私が過去に行った過酷なダイエットでは「食事を抜く」ことばかりにとらわれて、身体を暖めることは一切していませんでした。

そのため、体重が戻っても末端の冷え性がとまりませんでした。身体を暖めることを毎日気を付けて、食材にも暖まるようなものを使用するよう気を付けて生活していくと、だいぶ改善されました^^!まだまだこれからも、「身体を暖めること」に気を使いたいと思っています!

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク