投稿日 : 2017/06/28 最終更新日 : 2018/06/06

こんにちは!管理栄養士の大脇です。

「脂質」は嫌われる栄養素の第一位にあげられますが、ダイエット中の脂質との付き合い方はどうされていらっしゃいますか?本当に脂質を減らすと痩せられるのでしょうか。

また、糖質制限が流行っておりますが、脂質制限もしたほうがよいのでしょうか?今日は脂質の必要性についてお伝えしていきます!

ダイエット中でも脂質はどうして必要なの?

まず最初に、脂質は体にとってどんな働きをする栄養素かご説明いたします。

脂質は、「エネルギー源になり、身体のクッション的な働きをする」ということはもちろんですが、私たちの体にとって、ダイエット中でも外してはならない、なくてはならない大切な役割があります。

女性ホルモンは脂質が原料

女性のふくよかな体型を作っているのは女性ホルモンの働きです。また、筋肉を大きくし、太い骨格を作っているのは男性ホルモンの働きによるものです。

性ホルモンは脂溶性ホルモンのため、原料の脂質がないと性ホルモンの分泌が低下し、美しい身体のシルエットをつくることができません。

また、脂質抜きのダイエットをすると、性ホルモンのレベルが下がり、生理が止まったり、卵子の形成にも影響がでる恐れがあります。

美しい男性らしさや美しい女性らしさがある理想の体を手に入れるためには、性ホルモンもしっかり分泌してこそ築き上げることができるのです。

ダイエット中でも重要!脂質は細胞膜の原料となる

細胞膜は、病原菌が侵入した時の壁の役割を担うもの。強い壁を作るためには脂質がないと作れません。

脂質が少ないと、病原菌はヘナヘナな壁を難なく突破し体に入り込み、風邪をひきやすくなったり、ブロックがきかないため、病原菌が体に回りやすくなります。

脳を組織を構成しているのも脂質

記憶や思考回路などの脳の機能を円滑に行うためにも、脂質はなくてはならない存在です。

脳の機能を動かす原料が不足してしまうと、頭が働かなくなったり、やる気が出なくなったり、心にも影響が出てきてしまいます。

 質のいい油はダイエット効果を促進する!

実は、質のよい油はダイエットにも効果的です!

なぜならダイエット効果があると認められている地中海式食事の脂質量の割合は35%もあり、オリーブオイルを30~45gも使用しているのです。

たくさんの脂質を摂取しているにも関わらず、ダイエット効果が表れているのは脂質の中身による要因かもしれません。オリーブオイルにはコレステロール値を下げる働きがあります。

脂質:オメガ3はダイエットの味方!

また、地中海式の食事は、魚をたくさん使用し料理しています。魚に含まれるドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)はオメガ3という脂肪酸の仲間です。

このオメガ3は、血液の流れを良くし、代謝を亢進する脂肪酸です!

体に溜まる飽和脂肪酸とは違い、体脂肪になり難い脂質のため、ダイエット中でも積極的に摂取していきたいですね!

糖質制限と脂質の関係について

間違えやすいのは、糖質制限とカロリー制限のダイエット法を一緒に行ってしまう方が多いということです。痩せるメカニズムは、両者に違いがあることを忘れないでください!

糖質制限は、血糖値が急上昇する糖質を減らし、肥満ホルモンを抑制しようとするもの。こちらは糖質量の多い食品を減らすことに重点を置いています。

一方、カロリー制限食は、摂取する食品のカロリーで調整する方法。食品のバランスや栄養素の配分を考え、トータル摂取カロリーを一定量に抑えて調整する方法です。

糖質制限では、脂質は減らしてはダメ!

キケンなのは糖質制限とカロリー制限の両方を一緒に行ってしまうことです。

「糖質量の減らし、カロリーも減らしてしまう」このような整え方をすると、体のエネルギー源がなくなり、力不足など体の不調を招いてしまいます。また、体の機能を整える脂溶性のビタミンの吸収率も低下し栄養不足が心配されます。

糖質制限をした場合、脂肪酸がケトン体に変換されエネルギーとなる過程があります。脂質も大切なエネルギー源なのですね。

糖質制限の食事法で減量を考えているのならば脂質は減らさないのが基本と認識していきましょう。

ダイエットと脂質の関係についてのまとめ

ダイエット中の脂質へのかかわり方は、過度に排除することなく、身体に必要な良質な脂質は摂取するようにしましょう!魚の脂はダイエット効果を促進してくれますし、糖質制限をしている場合には、脂質の多いナッツ類やチーズ、ココナッツオイルやオリーブオイルなども使用し、活動に使えるエネルギー源を補充していきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク