投稿日 : 2016/03/30 最終更新日 : 2018/11/08
(14) / (2) / (2) / (1) / (2) / (1) / (1) / (2) / (9) / (2) / (2)

男性に人気のいきなりステーキなど、ステーキや焼肉は実はダイエット向きの食品!でも、国産の牛肉は脂肪が多く、食べ過ぎると太ってしまうかも。焼肉に限らず、脂肪が多い食品は、種類や部位を変えるなどの工夫ひとつで脂肪をカットすることができます!

本日は焼肉、お肉の上手な選び方、調理法、カロリーカットの裏技などをご紹介していきたいと思います。

焼肉ダイエットのコツは脂質カット!

「ダイエット中は、脂肪カット」と、よく言われます。
なぜなら脂質1gで9kcal、たんぱく質や炭水化物は1gで4kcalであるという事を考えると、脂質は2倍以上の熱量になるからです。

脂質は健康でいるために欠かせない成分ですが、やはり「余分な脂肪カット」がダイエットの重要な鍵である事は間違いありません。

焼肉のタンパク質はダイエット中に必要な栄養成分!余分な脂質をカットすることで最高のダイエット食材になるんです!

焼肉ダイエットに選ぶ部位は「赤身中心」

白ご飯、脂身はしっかりカット

大盛りの白ご飯はNG!

焼肉ダイエット中は、大盛りの白ご飯はNG!

余分な脂肪分をなるべく減らために、お肉も脂肪が少ないヒレなどの赤身を選び、高カロリーの脂身や皮はしっかり取り外すようにしましょう。

特に焼肉のお供である、白ご飯の大盛りはNG!ご飯の代わりに、キャベツやもやしなど、野菜をしっかり取りましょう!どうしてもご飯が食べたいときは、量を少なく(100g程度)にするか、玄米ご飯などGI値の低いご飯にしましょう!

下記のまとめを見て頂くと、バラ肉はとてもカロリーが高いことが分かります。
焼肉屋に行けば、バラ肉のカルビは定番になりますが、なるべく少な目にするのがおすすめです。

焼肉ダイエット中の肉の部位の選び方!

食べ方としては、低脂肪のタンやハラミなどのホルモン系をメインにし、脂肪燃焼効果のあるL-カルニチンが豊富なロースを食べ、最後にカルビを少し食べるといいでしょう!

焼肉ダイエット中に役立つ、お肉の部位別カロリーをチェック!

お肉は選ぶ部位や脂身を取り除くなどの工夫でカロリーが大きく変わります。
普段のお肉選びの参考にしてみてくださいね。

牛肉の部位別(100gあたり)

・ヒレ:185kcal

・もも(脂身つき):209 kcal

・かたロース:318 kcal

・サーロイン:498kcal

・バラ(和牛):517kcal

豚肉の部位別エネルギー(100gあたり)

・ヒレ:115 kcal

・もも(脂身つき):183 kcal

・かたロース(脂身つき):253 kcal

・バラ:434kcal

鶏肉の部位別エネルギー(100gあたり)

・胸(皮あり):244kcal

・胸(皮なし):121kcal

・もも(皮あり):253kcal

・もも(皮なし):138kcal

・ささみ:114kcal

牛肉/豚肉/鶏肉の部位ごとのカロリー

お肉の部位カロリー(100gあたり)
鶏/ささみ105kcal
鶏/むね肉116kcal
豚/もも肉128kcal
豚/ヒレ肉130kcal
牛/もも肉132kcal
牛/ヒレ肉133kcal
鶏/もも肉204kcal
鶏/手羽先206kcal
牛/バラ肉371kcal
豚/バラ肉395kcal

焼肉ダイエット中は「先に野菜&一緒に!」が鉄則

モロヘイヤ

お肉を食べる前に、まずは野菜サラダを食べて血糖値をゆるやかにあげ、脂肪合成を防ぎましょう。

お肉を食べている最中も、生野菜や焼き野菜をしっかり摂るように心がければ満腹感が増し、結果的にお肉を食べる量を減らす事が可能です。

焼肉ダイエット中は、同じ部位でもできるだけ脂肪の少ない肉を

スーパーに行き、しっかりパッケージの中身を見てから購入できていますか?
実は同じ部位でも、脂身の多さ、赤身の多さが少しずつ違います。切り方による違いも大きいので、脂肪のつき方をしっかり見てから、購入しましょう。

牛や豚ひき肉は、バラ肉を挽いている場合が多いので、カロリーも高くなります。
バラ肉でも、できるだけ白い部分が少ないものを選ぶようにし、鶏肉で代用できそうな料理については、鶏ひき肉を使用されると良いです。

鶏ひき肉は、胸肉などの低脂肪な肉を挽いていることが多いので、同じひき肉でもとてもヘルシーになります。

焼肉ダイエット中は、焼く時に使う油もしっかり減らす

次は調理に関しての脂質カットのコツをご紹介します。減量中はなるべく調理油の量を控える事がおすすめですが、炒め油などは、なんとなくフライパンに直接入れてしまって、どの位の量を使っているか分からないという方が沢山いらっしゃると思います。

サラダ油、オリーブオイル、ごま油などは大さじ1杯で111kcalもあります。
カルパッチョなど食材に直接にかける調理法もありますが、あくまでも「油」であるという事を忘れずにカロリーを考えながら使用しましょう!

焼肉ダイエットは、テフロンのフライパンで調理すべし

テフロン加工のフライパンは食材がくっつかないので、炒め油が少量で済むということは多くの方がご存じかと思います。

もう1つおすすめしたいのは、フライパン用のアルミホイルです。
魚や肉、炒め物、目玉焼きなど油を敷かずに調理できるところが、脂質カットの救世主的存在です!普段、油を使い過ぎてしまう人は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

焼肉ダイエットに付け合せの野菜調理は、電子レンジを活用しよう!

電子レンジの活用もおすすめです。野菜炒めなどをするときは、レンジで温めてから炒めるようにしましょう。しんなりしてから炒める事になるので、油の量が少なくてすみます。

材料を小さ目に切ると、油を吸いやすくなりますので、ちょっと大き目に切るのもポイントです。表面に光沢があるピーマンは油を吸いにくい野菜でもありますので、炒め物にはピーマンを加えて野菜の量を増やすのも良いですね!

紫蘇や海苔などは表面積が大きく薄いので、しっかり油がついてしまいます。
天ぷらなどにする時は、片面だけ衣をつけるのも脂質カットの裏技になりますのでぜひお試し下さい。

焼肉ダイエットを成功させるためのまとめ

脂身のカット、調理油の管理など細かい事ですが、コツコツと積み重ねていくと、結果的に大きな成果が得られます。

ダイエットは1日だけでは成功しませんので、できる事から少しづつ、始めてみてください。
焼肉ダイエットは=余分な脂身カット=カロリーカットというイメージを持って頑張りましょう。

ダイエットとお肉に関する記事

ダイエットメディア【カロナビ】
https://www.qualia.tokyo/archives/6051
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク