投稿日 : 2017/08/11 最終更新日 : 2018/06/06

最近、プロダイエッターの中でも話題の完全食。完全食とは、それだけですべての栄養が賄えるという食品のジャンルであり、食事=栄養というストイックな層からダイエットしながらも栄養バランスは完璧に摂りたい派など、各方面から注目されています。

今回は、栄養バランスが完璧な完全食でありながらも、パスタという食事のジャンルに攻めに来ている「BASE PASTA」を購入して実食してみました。パスタダイエットとして活用できるかな?

パスタでダイエットするなら「完全食 BASE PASTA」とは?

食習慣はそのままに、主食からすべての栄養を摂る BASE PASTAには、厚生労働省が定めた基準に従い、1食に必要な31種の栄養素 ※1 が全て含まれています。 「主食にイノベーションを起こし、健康を当たり前にする。」 おいしいも、健康も、どちらも当たり前な食生活で”ちゃんと食べること”を大切に。 ※1 栄養素等表示基準値(18才以上、基準熱量2,200kcal)に基づく (過剰摂取の懸念されるカロリー・炭水化物・ナトリウムを除く)ベースフード株式会社

完全食は、栄養バランスが完璧だから、ダイエットにも、健康にも、ボディメイクにも、最強の結果を生み出す究極の食事だと考えています。栄養バランスが乱れがちなダイエット中に特にぴったり。

完全食と言えば、メイバランスや、COMPも有名ですね。こちらも以前実食してレビューしておりますが、基本的に完全食といえば流動食という形で、基本的に「食べる」というより「入れる」というスタイルで、食事とは言えない代物です。それが賛否両論を産んでいるのですが、今回のBASEPASTAは、「パスタ」という主食であり、食事として楽しめるというコンセプトではありませんか。否応にも期待が高まりますね。

パスタを食べてダイエットできる!「BASEPASTAを紹介」

こちらが実際のBASEPASTAとなります。生麺タイプであり、見た目は茶色。

パスタでありながら、なんとたんぱく質が29.7gも含まれています!これはスゴイ。たんぱく質を摂ることに命をかけなければならないボディメイク期間中にもおすすめできますね。

BASEPASTAのスゴイところは、あくまでパスタですから、好きなソースが使えるということです!パスタ好きにはたまらない、青の洞窟とかも使えるということですね。

ちなみに、ソースを使って栄養バランスは大丈夫なの?という疑問ですが、パスタソースを追加して食べることを前提に、脂質・塩分が抑えられているとのこと。しっかり考えてありますね。

ダイエットパスタ「BASEPASTA」を調理します!

生麺タイプのパスタなので、茹でないと食べれません。面倒くさがりにはこれはツライ。100円ショップなどで売っている、「電子レンジでパスタができる」パスタクッカーは従来の乾麺用なので、使えるかどうかわかりませんでしたので、今回は使いませんでした。あれが使えれば、この手順は楽になるんですが。

ブロッコリーを添えて完成。見た目は、パスタというより、そばですね。

ダイエットに良さそうだけど、味、食感は思っていたほど「パスタ」ではなかった

実際に食してみましたところ、かなりモチモチ感の強い麺で、独特の酸味・風味があります。パスタというより、太いそばみたい。一部では「めんつゆで食べろ」と言われてますが…

まぁ、パスタと言えばパスタですが、一般的なツルツルシコシコのパスタとは違うものとして考えたほうが良いと思います。

もっちり系のパスタが好きで、栄養バランスを意識しながらダイエットしたい人にオススメ。

このBASEPASTAは完全食でありながらも、満足感のある食事というジャンルに攻めているのは評価できます。ただ、その結果、どっち付かずな微妙な立ち位置になっている感はあるので、「食感」「風味」「手軽さ」などが今後アップデートされることを期待しています!

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク