投稿日 : 2017/08/15 最終更新日 : 2018/06/06
(1) / (1)

お盆休みもいよいよ終盤戦。実家帰省あるあるの1つに「親が食べ物を無限に進めてくる」という事象があります。これをすべて胃袋で応戦していると、お盆明けにはしっかり太ってしまう恐れがあります為、若い頃は良かったけど、太ることを全力で阻止しなければならない年になった方への対処法をまとめました。

「いっぱい食べなさい!」と言われて、完全に20代の食事量を出されても困る、かと言って無下に断ると「体調が悪いの?」「昔はあんなに食べたのに…」寂しい顔をされるのが嫌な方へ。親の食事を食べつつも、太るのを阻止するテクニックです。

実家への帰省中に太るのを防止するコツ:食べ順と食べるスピードを調整する

これはダイエットでも同じなのですが、野菜から食べる、汁物から食べる、出来る限りゆっくり食べる、などして、食事に時間をかけましょう。血糖値の上昇が穏やかになり、同じ量でも太りにくくなります。

「糖質制限してるから!」とか「食べたら太るから!」って言うと、せっかくの実家生活がギクシャクしてしまうこともありますよね。

「もう年だから、食が細くなって。ごはんは少なめでいいよ」と一声かけるといいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

カテゴリー: ダイエット食生活