投稿日 : 2016/04/05 最終更新日 : 2018/11/08

ダイエット中に気になる肌荒れやニキビなどの吹き出物。

お肌を綺麗にするために、どんな努力をしていますか?
意外かもしれませんが、美肌を手に入れるには「食事内容」がとっても大切です。
食生活を正せば痩せるように、肌に良い食事のポイントさえ押さえれば、今よりも断然お肌を綺麗にすることができますよ!管理栄養士が教えるダイエットの肌荒れ対策、知りたくありませんか?

本日は、今すぐできる「美肌ダイエットの食習慣」をお伝えします!

ダイエット中の肌荒れは、食事と栄養バランスの調整で大部分が改善する!

ohada

 

ダイエット中の肌荒れ対策の基本「バランスよく3食しっかり食べること」

美肌にも、ダイエット中の肌荒れ対策にも、スリムで綺麗な体型をキープするのにも、共通して大切なのは3食しっかり食べることです。

何気なく口にしている食事から、どんな栄養素を摂っているかによって、あなたのお肌や体型が綺麗になるか、崩れてしまうのかが決まります。

ですから、無理なダイエットによる食事制限や、忙しくてつい1食抜いてしまうなんて生活を続けていれば、お肌を綺麗にするための栄養素は確実に不足してしまいます。

これが、ダイエット中の肌荒れの大きな原因なのです。

例えば、鉄分はコラーゲンの材料となり、美肌をキープするためにとても大切な栄養素です。通常でも現代女性が不足しがちな鉄分ですが、無理な食事制限によって更に不足すると、クマや血色の悪さに繋がることがわかっています。

たった1食の違いでも、栄養状態が大きく変わってしまうことを頭に入れ、栄養バランスの取れた食事を3食しっかり食べることから始めてみましょう!

ダイエット中の肌荒れ対策1「腸内環境の改善」

ダイエット中の肌荒れ対策で、気にしたいのはお腹の調子。順調ですか?もし便秘をしてしまっているのなら、美肌をつくるために改善していきましょう。

なぜなら、ダイエット中の肌荒れを防ぐため、食事で摂った栄養素をしっかり吸収するには腸を綺麗にしておく必要があるからなのです。

また、便秘によってお腹の中で発生したガスが、ダイエット中の肌荒れの原因になっている可能性も高いからです。

ダイエットに限らず、腸が喜ぶ納豆やぬか漬けなどの発酵食品、野菜、キノコ、海藻などの食物繊維、たっぷりの水分を摂り、適度な運動、十分な睡眠をとることで、お腹をすっきりさせましょう。

ダイエット中の肌荒れ対策2「新鮮な魚」

良質なたんぱく質と脂質を摂取して肌荒れ対策に!

ダイエット中の肌荒れ対策として、まず大切な栄養素が「たんぱく質」です。魚、肉、卵、豆製品などに含まれていて、私たちのお肌や髪、体のあらゆる部分をつくってくれています。

たんぱく質が不足するとお肌のターンオーバーが正常に行われないため、ダイエット中の肌荒れ、乾燥肌やくすみの原因になるだけでなく、美しい体型をキープすることもできなくなってしまいます。毎食、片手のひら大のたんぱく質食品を食べることを意識しましょう。

なかでも、魚には「たんぱく質」以外にEPAやDHAというn3系脂肪酸が含まれ、これらが肌に潤いを与え、血流を良くしてターンオーバーを正常化してくれます。

油は高カロリーというイメージが強く、必要以上に避けてしまう人もいますが、魚を始めナッツ類、アボカドなどに含まれる良質な油は美肌や便秘解消のための救世主です。

ダイエット中の肌荒れは栄養不足、食事が原因。いつもお肉ばかり食べている人は、食事に魚を取り入れてみてはいかがですか?

ダイエット中の肌荒れ対策3「ビタミン、ミネラル補給」

ビタミン、ミネラルと一言で言っても種類はさまざまですが、それぞれに大切な役割があります。

例えば、納豆やナッツ類などに含まれるビタミンB群は脂質や糖質の代謝を促進し、ニキビや老化を予防してくれますし、レバーやニンジンに含まれるビタミンAはお肌の新陳代謝を活性化してくれます。ピーマンやキウイフルーツに含まれるビタミンCはコラーゲンの材料となり、ダイエット中の肌荒れ対策として、お肌にキメやハリを与えてくれます。

そして、ビタミンの吸収をバックアップしているのが海藻などに含まれるミネラルです。このように、ビタミン、ミネラルはダイエット中の肌荒れを防止し、肌を綺麗にするためには欠かせない栄養素です。

さまざまな食品をまんべんなく食べ、毎食「両手いっぱいのカラフルな野菜」を食べる意識をしてみましょう。美肌で有名な綾瀬はるかさんも、幼い時から旬の野菜ばかり食べていたそうですから、新鮮な野菜は「美肌」に欠かせないことが分かりますね!

始めは難しいと思うかもしれませんが、間食をトマトや果物にしたり、スープにたっぷり入れてみたり、工夫次第で案外たくさん食べられるようになりますよ。何よりお肌の調子が整うと、食べるのが楽しくなってくるはずです。

過剰な糖が肌荒れの原因になっているかも

糖質は私たちが日々イキイキ生活するためには欠かせない栄養素ですが、過剰に摂りすぎると、美を脅かす老化物質になることがわかっています。これを「糖化」といい、コラーゲンは糖化の影響を受けやすく、肌のハリや透明感を奪う原因となります。

糖質制限をしていると、肉など糖化度の高い食事ばかり食べることになり、これもまたダイエット中の肌荒れの原因になります。

決して糖質が悪者というわけではありませんが、チョコレートやケーキなどの間食で余計な糖分を摂っている人は注意が必要です。

過剰な脂質、酸化した油も肌荒れの原因に

先程、良質な油は美肌をつくるとお話ししましたが、反対に悪い油はお肌を老化させる原因になり、ダイエット中の肌荒れに繋がります。

悪い油とは、時間が経って空気に触れることで酸化した油や、トランス脂肪酸など身体に害があるといわれている物質の入った油のことです。簡単に言うとファーストフードです。

これらの油を摂取すると身体が「酸化」して、お肌だけではなく身体全体をさび付かせる原因になってしまいます。ダイエット中の肌荒れを防ぐためには、ファーストフードや揚げたお菓子を控えましょう。

調理が面倒だからと、食事がお惣菜や外食ばかりになってはいませんか?どんな油で調理されたか分からない食品を食べることは極力避け、料理をする時は酸化しにくいオリーブオイルなどを利用するよう心がければ、肌トラブルはグンと減ってくるはずですよ!

ストレスや季節の変わり目、風邪などの体調不良も肌荒れの原因に

私たちの身体は外敵が入ってくると、それを防御するために戦います。その時に起こるのが「炎症」です。ウイルスや細菌、先程ご説明した酸化した油など、身体にとっての外敵は世の中に溢れていますが、「炎症」がお肌や身体を老化させることが明らかになっています。

なかなか自分の意志で防ぐことは難しいですが、唯一食事を正すことは最も簡単にできる「炎症」予防ではないでしょうか。風邪をひかないように栄養素をしっかり摂ったり、酸化した油をできるだけ排除したり、健康的な食生活がお肌の老化を遅らせることに役立ちますよ!

普段何気なく口にしていた食べ物を、少しずつ変えるだけで確実にお肌は変化してきます。綺麗なお肌を手に入れるために、是非今日から習慣化してみてくださいね!

ダイエット中の肌荒れや美肌に関する参考記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク