投稿日 : 2017/10/31 最終更新日 : 2018/06/06

世の中には色んなダイエット情報があふれています。正しい情報だけではなく、新しい理論や流行、嘘や間違った情報、大げさな情報も数多くあり、結局何が本当で、何が嘘の情報で、自分にとって必要なダイエット方法は何を採用すればいいのか、悩んだことはありませんか?

嘘のダイエット情報のパターン1:「嘘ではないが、うまく活用できない情報」

例えば、「運動はダイエットにいい」これは当然ながら事実であり間違っていません。しかし、運動だけすればダイエットできるわけではなく、運動の消費カロリーや食事からの摂取カロリー、運動の種類、運動から得られるカラダへの効果を正しく理解していないと、まず自分が求めるダイエット効果は得られません。

腹筋マシンにお腹の皮下脂肪を限定的減らす効果は「ゼロではないかもしれませんが」ほとんどありません。

嘘のダイエット情報のパターン2:「間違ってないかもしれないけど、効果的ではない」

例えば「ブロッコリーの成分がダイエットにいい」「納豆成分が」「この酵素を飲めば代謝が上がって」「腸内環境の改善で」「コーヒーにバターを入れると」「水素水が」など、一部の研究上の結果などを、「そのままイコールそれを食べたら勝手に痩せていく」という極端な情報をよく見かけます。

もちろん、健康増進のために特定の栄養成分を研究することや、研究自体を否定する意図はありません。もし「それを飲めば痩せる」という成分が見つかった場合、それは動物にとって「毒」であることは間違いないでしょう。

嘘のダイエット情報のパターン3:「極端で活用できない理論」

例えば、何も食べなければ当然痩せます。糖質を極端に制限すれば、体重を落とすことができるかもしれません。それはあくまで一時的なものであって、一生涯続けることは不可能です。付け焼き刃の方法では結局元の「自分にとって楽な生活」に戻ってしまうのではないでしょうか?

嘘のダイエット情報のパターン4:「そもそも根拠のない情報」

「太る原因はでぶ菌」「加圧シャツで痩せる」「このサプリメントを飲めば脂肪が溶ける」など、まさかそんな情報に騙される人がこのブログを読んでいるとは思いたくないのですが、そういう嘘の情報も多数あふれています。

嘘のダイエット情報から身を守るために:あなたを守るのは正しい知識だけ

正しい食事と栄養の知識があれば、 あなた自身のダイエットの成功はもちろんのこと、 あなたの周りの人まで、健康にすることができます。正しいダイエットの知識があれば、世間にあふれているダイエットの嘘・本当が見抜けるようになり、無駄なダイエットに時間とお金をかけることがなくなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク