投稿日 : 2017/11/10 最終更新日 : 2018/11/12

暗闇フィットネス、全部試してみました。

最近流行の暗闇ボクシングと言えばb-monster暗いところで運動すれば本当に楽しくて続けられるのか!?単に運動するスタジオなら普通のジムにもあるのに、何故暗闇が流行っているのでしょうか?どんな雰囲気?楽しめる?怖くない?勧誘は?気になるポイントを実体験から紹介します!

暗闇系フィットネスとは

b-monsterなどの暗闇フィットネスとは、クラブのように暗く大音量の空間で運動するタイプのフィットネスジムです。サードウェーブフィットネスとも呼ばれており、2016年頃からのブームになっています。既存のフィットネス運営会社が続々参入しています。

どこのジムも「退屈なフィットネスから、楽しいフィットネスへ!暗闇でハイテンション!クラブ感覚で楽しく運動!」というコンセプトです。(今までのフィットネスは退屈だったんかい!と言うツッコミは置いといて)

昼間系のフィットネスジムが続かなかった人や、恥ずかしくて通えなかった人が「ここなら周りの目を気にせず、楽しく運動できそう!」と思うイメージですね。

そんな暗闇系のコンセプトのフィットネスジムが増えています!

でも、行ったことがない人からすると、

  • なんか怖そう…
  • クラブとか行ったこと無いし…
  • すごくキツイ運動って聞いたけど…
  • ノリが悪いとか思われるんじゃ…

など、ちょっとハードルの高さを感じるのも事実ですよね。(私もそうでした)

そこで、東京都内の暗闇系フィットネスで、記事執筆時点で体験できるところを全てトライアルしてみました!そして最終的に入会した場所は…

暗闇ボクシング、暗闇フィットネスの特徴とは?

今までのフィットネスのスタジオプログラムと言えば、スポーツジム等で、明るいスタジオで行うものが一般的でした。

ところがここ最近、NYを発端としてクラブ感覚でフィットネスできるコンセプトのフィットネスが急増。流行りモノ大好きな日本にも2016年頃から続々と入ってきています。

現状、ほとんどの暗闇系フィットネスは東京にあります。女性専用のスタジオも多く、東京都内で男性でも体験できるのは、現在(2017年 記事執筆時点)のところ主にこの4箇所。

  • b-monster (暗闇ボクシング)
  • feelcycle(暗闇サイクリング)
  • jumpone(暗闇トランポリン)
  • cycle studio R(暗闇スタジオプログラム+VRサイクリング)

女性であれば以下のスタジオも候補に入れられます。

  • mitness(暗闇ミット打ち)
  • energy fit(暗闇ランニング)

ほとんどの暗闇系フィットネスは、初回体験(トライアル)が可能。トライアル料金はどこも3,000円前後で、ミネラルウォーター、レンタルウェア・タオル付きが定番となっています。専用のWebサイトで予約を取ってから来店するシステムが入っているのも全て共通ですね。

トライアルレッスンの予約方法は、概ねどの暗闇系ジムも共通しており、まずはwebサイトから会員登録をして空いている時間帯(トライアル可能レッスン=基本の初心者向けレッスンと共通)を指定します。

また、トライアル可能な初心者向けレッスンでも、体験できる人数は数名程度に制限されているようです。

電話や予約なしでの来店は、システム上あまり好まれないようですので、注意しましょう。

暗闇系フィットネスの初回トライアル、だいたい共通している流れ

  1. Webで会員登録
  2. 初回トライアル用のレッスンを予約
  3. スタジオ内での位置を決定(サンドバックや自転車の番号)
  4. レッスン開始15分〜20分前に来店※遅刻厳禁
  5. 受付で体験予約の旨を伝えて、レンタルウェア類をもらう
  6. 更衣室で着替えて、スタジオへ入室
  7. インストラクターからレッスンの流れなどの説明を受けます。(トライアルの人を把握していますので、待っていればOK)
  8. レッスン開始(45分がほとんど)レッスン中は、トライアルの人に向けた特別な対応はありません。
  9. レッスン終了、更衣室で着替えます。レンタルウェア等は返却BOXへ。
  10. 勧誘タイム(無い場合もあり)、退店

それぞれの暗闇系フィットネス、トライアルの印象についての注意事項

あくまで体験レッスンを一度、受けただけなので、好きで通いまくっている人とは印象も感想も違うと思います。

以下は、「ダイエット目的で楽しく運動できるジムはないのか!」と思っている30代男性の個人的な印象として参考にしてください。

暗闇ボクシング、b-monsterをトライアルした感想

b-monsterの客層

運動意識の高い若い細い女性が中心。太っている人がいない!体格がよくて意識が高そうな男性もいます。

b-monsterの雰囲気

周りを気にせず、自分の世界に入って、ひたすら没頭する感じ。

b-monster トライアルの運動強度

かなり高い(心拍ゾーン3〜4)※普段全く運動していない人はキツイかも。

b-monster の印象

めっちゃボディメイクにストイックな女性や、ボクシングや格闘技好きの男性が通う感じ。

b-monsterを体験して思ったこと

ボクシング特有の動きやコールを覚える必要がある。サンドバック打ちが出来るのは後半。前半はサーキットトレーニング。インストラクターの声の指示が最初だとわからないので、ほとんど隣の人の動きを見てました。これは運動が苦手なダイエット初心者にはおすすめできへんわぁ…通い続けたら楽しくなるのかな?

b-monsterのトライアル後の勧誘タイム

一切なし(えっ?帰っていいの?っていうレベル)

暗闇サイクリング、feelcycleをトライアルした感想

feelcycleの客層

若い女性が中心だが、ダイエット目的で通っている人もそこそこいる。

feelcycleの雰囲気

みんなで一緒にレッスンを頑張る感じ。運動と音楽を一緒に楽しむ!というイメージ。フィットネスジムのスタジオプログラムに近いと思います。万人向け。

feelcycleのトライアルの運動強度

中程度(心拍ゾーン2〜3)※自転車を漕ぐスピードや強度を自分で設定できるので、ついていけない・・ということはありません。

feelcycleの印象

音楽に合わせて楽しく自転車で運動しよう!

feelcycleを体験して思ったこと

EDMなど洋楽を中心とした大音量の音楽に合わせて、スピンバイクをこぐ。インストラクターの指示に合わせて、速さを変えたり、重さを変えたり。やることはシンプルなので、動きや”コール”がわからないということはありません。知ってる曲がかかると、テンション上がります。

feelcycleのトライアル後の勧誘タイム

結構ある。feelcycleの運営会社はホットヨガスタジオLAVAを経営しているベンチャーバンク。スタッフの対応や勧誘のスクリプトもしっかり研修されてるなーという印象でした。

暗闇トランポリン、jumponeをトライアルした感想

jumponeの客層

feelcycle同様に若い女性が中心だが、ダイエット目的で通っている人もいる。

jumponeの雰囲気

feelcycle同様に、参加者みんなで一緒に頑張る感じ。

jumpone トライアルプログラムの運動強度

低〜中程度。自分がどれ位頑張るか、で調整するイメージ。

jumponeを体験した感想

音楽に合わせて楽しくトランポリンで運動しよう!

jumponeのレッスンの特徴

EDMなど洋楽を中心とした大音量の音楽に合わせて、トランポリンを飛ぶ。インストラクターの動きに合わせるので、初心者でもやり方がわからないということはありません。知ってる曲がかかると、テンション上がります。

jumponeのトライアル後の勧誘タイム

普通にある。実は、ここも運営会社はホットヨガスタジオLAVAを経営しているベンチャーバンクなので、システムやスタッフの応対も共通しています。

jumponeの問題点

男性可なのは銀座店のみです。男性更衣室にはシャワーがありませんでした。

暗闇系VRサイクリング、cycle studio Rをトライアルした感想

Chikageさん(@chikage45)がシェアした投稿

cycle studio Rの客層

若い女性が中心だが、ダイエット目的で通っている人もいる。

cycle studio Rの雰囲気

他のサイクリング系と同じで、参加者みんなで一緒にレッスンを頑張る感じ。

cycle studio R トライアルプログラムの運動強度

低〜中程度。スピンバイクを漕ぐ強度は自分で自由に設定できる。

cycle studio Rを体験した感想

VRサイクリング、暗闇ダンスなど色々なプログラムがある。スピンバイクにワット(パワー)表示があり、普段ロードバイクをやっている人であれば負荷の調整がやりやすいかも。

cycle studio Rのレッスンの特徴

VRサイクリングの「THE TRIP」を体験しました。前面に広がる巨大スクリーンに、映画TRONのような空間が投影されます。インストラクターが坂道や下り坂に合わせて、スピンバイクの漕ぐ速さや重さを指示してくれます。とは言え、画面と自転車が機械的に連動しているわけではないので、サボろうと思えばサボれますけど。

cycle studio Rのトライアル後の勧誘タイム

入会について興味ありますか?あるなら説明します。という程度。

結果、このcycle studio Rにとりあえず入会しました。

入会した理由としては、以下のような点があります。

渋谷駅前で便利!

他のスタジオって、だいたい、駅からちょっと離れているんですよね。「運動しに来るんだから5分か10分ぐらい歩けよ!」って意味かもしれませんが、cycle studio Rは渋谷駅前、超駅前でユーザーフレンドリー。普段、通勤で渋谷駅を利用している人なら最高に便利な立地ですよ。

レッスンプログラムが色々あるので、飽き無さそう。

他のスタジオも音楽のジャンルやインストラクターの違いなどはありますが、cycle studio Rは自転車、ダンスなど色々な運動のジャンルがあり飽きなさそうかなと感じました。自転車も映像を使ったVR演出など、音楽×暗闇だけでなく。何かと飽きさせない楽しめる要素があるなーと感じました。

ワンタイムチケットメンバーでも、加入特典があった(入会時)

他のスタジオは「トライアル当日の入会なら入会金や手数料が無料になるよ、ただし月額制のプランのみ、2ヶ月以上は継続してね」という設定だったので、最低でも1万円以上のコストが確定。

月額費用の掛からないワンタイムチケットでお試し入会…だと、手数料と入会金がかかって、結局のところ最初に支払う金額は月額プランとそんなに変わりませんよ、というよくあるパターン。

cycle studio Rのみ、月額4,000円(1回分のチケット付き)のワンタイムチケットメンバーでも、入会金無料等の特典対象になっていました。

「楽しかったし、4000円ぐらいのコストならとりあえず入会してみようかな、あと1回ぐらいは行くだろう」と思わせる絶妙な価格設定ですね。

今後も増えそうな暗闇系フィットネススタジオ。

今後も、RIZAPグループの参入(暗闇ダンス、暗闇ホットヨガ)や暗闇系ランニング+ローイングマシン等を使った「orangetheory」などの店舗がオープン予定。

404 Not Found
https://www.orangetheoryfitness.co.jp

通常のフィットネスクラブに比べ、かなり高めの料金設定である月額12,000円〜15,000円という価格も、もしかすると今後の競争激化でこなれてくるかもしれませんね。

私は「いつでも気軽に、楽しく運動できる場所」がどんどん増えることは大歓迎です!

追記:暗闇系フィットネス、飽きてzwiftに移行しました

 

「暗闇系フィットネス、すぐ飽きるよ」って声もありますが、私も例に漏れず、その後、cycle studio Rに何回か通ってたのですが、飽きました。

その後、Zwiftの方が楽しいじゃん!ってなりまして

自宅で出来るし、楽しいし、安いし、オンラインサイクリングのzwiftの方が自分にあってる。cycle studio Rは2ヶ月で退会し、中古のロードバイクを買ってzwiftに移行しました!

ちなみに、cycle studio R退会時は嫌な顔ひとつせず、とてもスムーズに手続きしていただき、変な引き止めや都合の悪い条件などは一切ありませんでした!

私が世界選手権レベルの飽き性なだけで、cycle studio Rがつまらないという事ではありませんので!

cycle studio Rは暗闇系では1番おすすめします!

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク