投稿日 : 2016/04/22 最終更新日 : 2018/11/08
[ ダイエット いくら食べても 太らない お菓子 ]【検索】

あるかそんなもん!

おっと、ついつい本音がでてしまいました。でも、ダイエット中におやつを食べてはいけない!絶対ダメだ!と、無理におかしやスイーツを制限していませんか?

もちろん過ぎたるは及ばざるが如し。食べ過ぎは禁物ですが、食べる量や質をしっかり選べばダイエット中も満足できるおやつを食べられますよ!

【過ぎたるは猶及ばざるが如し】 何事も程ほどが肝心で、やり過ぎることはやり足りないことと同じように良いこととは言えない。 良いと言われることでも、やり過ぎは害になるということ。

ダイエット中の「おやつ」との上手な付き合い方や、オススメのダイエットおやつをご紹介します。

1f4c83741651cbeffa703a9fc0bd2460_s

実は、ダイエット中は「おやつ」を食べても良い。

健康的で綺麗な身体を手に入れるために一番重要なのは、栄養バランスの整った食事をすることです。ダイエット中に甘いおやつを食べてはいけない…という事はありません。

きちんとカロリー管理と栄養バランスを管理して、食べ過ぎにならないように気をつければ、ダイエット中でも好きなだけおやつを食べてもいいんです。

頭では分かっていても3食の食事ではどうしても栄養バランスが偏ってしまうという人は、不足した栄養素を補える食品を「おやつ」に選ぶことをオススメします!

足りない栄養素を補う「ダイエットおやつ」とは?

ダイエット中、積極的に摂りたい栄養素と言えば、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維ですが、これらの栄養素はなかなか意識しないと不足しがちな栄養素でもあります。

そこで、ダイエットおやつとしてオススメしたいのは、ヨーグルトやチーズ。牛乳はたんぱく質が不足している時、フルーツトマトや果物、焼きいもなどはビタミン、ミネラル、食物繊維が不足している時の「おやつ」として食べると、満足感が増すだけでなく不足した栄養素をしっかり補うことができますよ!

100kcal以下のオススメ「ダイエットおやつ」一覧

たんぱく質を補給できるダイエットおやつ

・牛乳1杯(150ml):約100kcal
・豆乳1杯(150ml):約96kcal
・ヨーグルト 加糖カップ1個(100g):約67kcal
・チーズ1個(6P):約68kcal
・ゆで卵1個:約80kcal

ビタミン、ミネラル、食物繊維を補給できるダイエットおやつ

・果物各種 (例)いちご10個:約60kcal、キウイフルーツ1個:約41kcal
・ふかし芋(輪切り1切れ40g):約53kcal
・ナッツ類 (例)アーモンド10粒:約60kcal
・ミニトマト10個:約30kcal
・野菜ジュース1杯(200ml):約58kcal

※カロリーは商品により異なります。

ただし、栄養満点の「ダイエットおやつ」でも、食べ過ぎは太るもとになってしまいます。ダイエット中の「おやつ」はこれらを組み合わせて1日150kcal〜200kcal程度に抑える努力をしてみましょう!

 「ダイエットおやつ」を食べる時間、タイミングにも気をつけて!

「15時のおやつは文明堂※」と言いますが、実はこれにはしっかり理由があります。14~15時頃は身体に脂肪を貯め込む働きを促進させる「BMAL1」というたんぱく質の分泌量が最も少ない時間帯なのです。つまり、1番太りにくい時間帯。

※この記事を書いた人は1980年代生まれです

ダイエット中の「おやつ」はこの時間帯に食べることをオススメします!逆に、「BMAL1」は22時以降分泌量が増加するので、遅い時間の間食には注意しましょう。

おすすめのダイエットおやつレシピ「焼きバナナ」

甘くてとろ~り焼きバナナ 約85kcal

yakibanana

(材料)

・バナナ 1本
・きな粉、すり胡麻などお好みで

(作り方)

・バナナを皮ごと魚焼きグリルに入れ、両面まっ黒になるまで焼けば完成!とっても簡単です!皮をむき、お好みできな粉や、すり胡麻をかけて食べてみてくださいね。

バナナは最高のダイエットおやつ!

バナナにはたんぱく質の代謝に関わるビタミンB6、食物繊維やカリウムを始めとするミネラルが豊富に含まれています。きな粉や胡麻をかけることでカルシウムなどのミネラル分をさらに強化することができますよ!

焼くことで、そのまま食べるよりも甘さが増し、デザート感覚で食べることができるので甘い物が好きな人にはとってもオススメです♪

ダイエットおやつのまとめ

ダイエットの成功には毎日の積み重ねがとても大切です。

普段クッキーや菓子パン、スナック菓子など、脂質や炭水化物以外の栄養素がほとんど含まれていない「太るおやつ」を食べていた人は、果物やヨーグルトに変えるだけでもしっかり栄養補給ができて、身体に変化が出てくるかもしれません。

是非試してみてくださいね。

ダイエットメディア【カロナビ】
https://www.qualia.tokyo/archives/8147
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク