投稿日 : 2016/04/26 最終更新日 : 2018/11/08

カラダの老化を促進する原因の1つとして「糖化」が最近注目されています。「糖化」とは、食事の栄養素が原因となり、細胞などを劣化させる現象で、悪い食生活=糖化が進む=老化が進むというイメージです。

糖化によって作られる物質はAGEs(糖化最終生成物)と呼ばれており、内臓などの体内組織に作用して、老化だけでなく、多くの病気の原因となる可能性が示唆されています。

 

老化を促進させる「糖化」って!?

最近「糖化」という言葉を耳にする機会が増えてきましたが、どのような現象なのでしょうか?「糖化」とは食事で摂りすぎた糖質が、体の中でたんぱく質と結び付き焦げ付く現象のことです。そしてこの焦げ付きがお肌や骨を老化させる、厄介な「老化物質」であることが分かっています。

茶色い食品=糖化

ホットケーキのような、小麦粉に砂糖、卵、牛乳を混ぜて焼いたものや、トーストなど、茶色く「こんがり」と色づきます。このこげ色こそが、糖化の正体。焦げた食品は食べる過ぎると老化の原因になるのかもしれません。

AGEs(糖化最終生成物)とは?

悪い食生活でありがちな過剰な糖質は体内のタンパク質と結びつきます。このタンパク質はAGEs、糖化最終生成物と呼ばれており、これが糖化の原因です。しかも困ったことに、一度出来てしまったAGEsは体外になかなか排出されません

逆に言えば、食生活が健康的であれば、AGEsも体内に溜まりにくく、健康でいられるということです。

「糖化」の原因は過剰な糖質?

炭水化物=糖質は私たちが元気に生活するために欠かせない栄養素ですが、過剰に摂りすぎると美を脅かす老化物質になってしまうことをご存じですか!?

決して糖質が悪者というわけではありませんが、チョコレートやケーキなどの間食で余計な糖分を摂っている人は注意が必要です!

加熱によって生じる糖化反応とは?

いきなりステーキ

出典:http://ikinaristeak.com/home/

砂糖をタンパク質や脂質とともに調理する時、温度が120℃以上になると急速に進む糖化。糖質だけでなく、ステーキや牛肉なども加熱すると糖化反応が起こります。

糖化されたタンパク質や脂質は、30%程度が体内に取り込まれ、AGEsとなります。最近までは糖化反応が健康に与える影響は大きくないと考えられてきたが、近年の研究でそれはとても重大なことであることが分かってきたのです。

「糖化」はお肌の老化をいっきに促進!

美肌をキープするのにとても大切な「コラーゲン」ですが、実はこの「コラーゲン」は糖化の影響を非常に受けやすいことが分かっています。

一度焦げ付いてしまった老化物質は簡単に除去することができませんから、日々蓄積されていき、お肌のハリや透明感を奪う原因になっているのです。

「糖化」を阻止するには!?

「糖化」を阻止するために最も効果的なのは糖質を摂りすぎないことです。
ただし、糖質は体を動かすための大切なエネルギー源ですから、必要量は食事からしっかり補給することが大切で、極端にカットする必要はありません。

しかし、野菜やたんぱく質を食べず炭水化物中心の食生活を送っていたり、甘い物が好きで毎日たくさんお菓子を食べているという人は食生活を見直す必要があります!

食べる糖の質を意識してみよう!

皆さんはGI値という言葉を聞いたことがありますか?GI値とは食後どのくらい血糖値を上昇させるかを食品ごとに示した数値で、食後に血糖値が上昇しやすいと、糖化も促進しやすくなります。

このGI値は精製された白い食品ほど高く、無精製食品ほど低い傾向にありますから、白米より雑穀米、食パンより全粒粉パンなど、なるべく無精製食品を摂ることを意識してみましょう。

野菜はヘルシーだけじゃない!?抗糖化性も期待!

糖質の摂りすぎに気をつけるのと同時に、糖質を摂った際に「糖化」を防いでくれる食品を合わせて食べることが大切です。

野菜にはその多くに抗糖化物質が含まれていて、特に色の濃い野菜や葉物野菜、実を食べる野菜に多く含まれているとの研究データがあります。芋類や根菜類など糖質を多く含む野菜は食べ過ぎに注意しながら、日頃の食事に積極的に野菜を摂り入れてみましょう!

食事以外にも糖化を促進する原因

「糖化」の原因には「睡眠」「飲酒」「喫煙」も関係しているといいます。
特に「睡眠」は誰でも毎日とるものですが、睡眠が6時間以上の人は老化物質の蓄積量が少ないという研究結果がありますから、老化を食い止めたければ、食事だけではなく睡眠や生活習慣の改善もしていきましょう。

糖化に関するまとめ

糖化はまだまだ研究途上ですので、過剰に気にしすぎないようにしましょう。健康的な食生活を送っていれば何の問題もありません。

怖いイメージのある「糖化」ですが、逆を言えば、なるべく糖化を防ぐ食生活をすれば、若々しく健康になれることが研究で証明されてきたと言うことです。

美味しいからとついつい食べ過ぎてしまっているご飯やお菓子に含まれる「糖質」は、過剰に摂取することで皆さんのお肌や骨を老化させていることがお分かりいただけたでしょうか。普段の食事や生活習慣の見直しを行って、いつまでも若々しく元気でいたいですね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

カテゴリー: ダイエット基礎知識・理論栄養学食生活