投稿日 : 2017/12/20 最終更新日 : 2018/06/06

いつも、ダイエット相談ありがとうございます。下半身の体型についてお悩みの方よりご相談頂きました。ダイエット指導のプロが回答させて頂きます!

女性に多い下半身太りの悩み。解消法はあるのでしょうか?

下半身痩せの方法を知る:遺伝子タイプにより太りやすい箇所があります。

確かに、人間には遺伝子タイプの違いで、脂肪がつきやすい箇所が違うという事が研究の結果、わかっています。ご相談の方は、おそらく下半身に脂肪がつきやすいタイプなのでしょう。

ダイエットを頑張っても思い通りのところが痩せないというのは自然なことです。
なぜなら脂肪がつきやすい箇所は最後まで落ちにくいからです。

お腹に肉がつきやすい人は、最後までお腹の肉は取れません。
下半身やお尻に肉がつきやすい場合、これも最後まで付き合うことになりますね。

下半身痩せは難しい:特定の脂肪だけ減らすダイエット法はありません

また、特定の箇所の脂肪を効率よく減らすというのは
脂肪吸引や脂肪溶解注射以外にはありません。
運動することで特定の部位を引き締めることは可能ですが、
その部分の脂肪が使われるということはありません。

下半身痩せのためのダイエット法とは?

ご質問の主題である下半身太りのためのダイエット法ですが、
結論から言いますと、ご相談者の体重・身長・年齢から計算すると、運動量を増やす必要がありました。

年齢・身長・体重から考えると肥満ではないが下半身の体型や脂肪が気になる場合、食事のカロリーはキープしつつ、栄養バランスを整え、運動の割合を増やすことが重要です。

下半身痩せのために、お尻や足を引き締める運動とは

特に下半身をしっかり引き締めたい場合は、
ウォーキング、ランニング、サイクリングなど
下半身をしっかり使う有酸素運動が最も効果的です。

よく勘違いされるのですが、有酸素運動は「キツイ」運動ではありません。
「普段自転車に乗って学校や職場に買い物に行く」ぐらいが有酸素運動です。
その時間を増やすことが重要です。

下半身痩せの注意点:アルコールの飲み過ぎ、塩分過多だと下半身デブの原因に。

食事に関しては、バランス良くと言うのが大前提ですが、
むくみが気になる場合、もしかするとアルコールの飲み過ぎや、塩分過多になっている可能性があります。

1日の塩分量は10g以下に抑えるべきと言われておりますが、これは結構大変なことです。
もし塩辛いお菓子や味付けが好きな場合は、これを控えることでむくみが解消される可能性があります。

下半身痩せの心配:女性はトレーニングしても、筋肉ムキムキにはなりませんよ!

あと、オリンピックを目指すアスリートでもない限り、
女性が筋肉ムキムキの足にはなりませんので、どうぞご安心ください。

トレーニングや運動は向き不向きがあります。
嫌いなことや「なんか違うな」と思うことをやっても、絶対に続きません。

下半身痩せのダイエットのまとめ:楽しい運動と食事を続ければ必ず成功します。

ダンス、テニス、ウォーキング、サイクリングなど、色んな運動があります。
その中で、自分が楽しいと思えるスポーツを見つけてください。

楽しい運動を楽しく続けるだけで、お悩みの下半身太りは自然と解消されます。
もちろん食事をバランスよく整えることもお忘れなく!

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

カテゴリー: お悩み相談ダイエット