投稿日 : 2017/12/29 最終更新日 : 2018/06/06

女性からダイエット中の食欲を抑える方法について相談をいただきました。

太ももが太いのが悩みです、細くしたいと思ってダイエットを頑張るのですが、食欲を上手に抑えることができません。甘いものが好きで、よく食べてしまいます。

今日は、女性によくある「太ももが太い」「甘いものが好き」「食欲を抑える方法が知りたい」というダイエットのお悩みに回答させて頂きます。

・太ももが太い。
・食欲を抑えることができない。
・甘いものを食べてしまう。

これら3つのお悩みを解決する正解とは?

食欲を抑える方法:食べたい気持ちや甘いものをコントロールする方法とは?

結論から言うと「食欲を抑えることはできません

食欲のコントロール=栄養バランスのコントロール

1日の摂取カロリーを適正(減らしすぎない)に設定する必要があります。
多すぎると太ってしまいますが、減らしすぎも食欲のコントロールが難しくなり、
結果余計な甘いものを食べたり、どか食い、リバウンドの原因になります。

日常の運動量にもよりますが、基礎代謝+100-200kcal前後は
「必ず食べないといけません」

また、若い女性によくあることですが、相談者様の現在の体重から考えると肥満体型ではありませんでした。

その場合、断食や、過度のカロリー制限は絶対行っていけません。
ますます体型が崩れる原因になります。

食欲を抑える=栄養バランスの整える。基本的な指導方針とは

私たちは、1日の目標摂取カロリーのうち、
炭水化物・タンパク質・脂質のバランスを 65%、25%、35%になるように指導します。

<参考:計算方法>
たんぱく質(%)=たんぱく質(g)×4(kcal/g)/1日の食事全体のエネルギー量(kcal)×100
脂質(%)=脂質(g)×9(kcal/g)/1日の食事全体のエネルギー量(kcal)×100
炭水化物(%)=100-たんぱく質(%エネルギー)-脂質(%エネルギー)

このように栄養バランスを整えることで、体は「必要な栄養が十分に取れている」と判断します。
脳がそのように判断すると、必要以上に空腹感を感じることはありません。
余計な間食(甘いもの)や食べ過ぎを防ぐことができます。

食欲を抑える方法:食欲のコントロールは意思の強い弱いではありません。

必要な栄養が足りているか、足りていないか、脳が判断しているだけです。

結論としては、食欲をコントロールしたい、余計な甘いものを食べるのをやめるためには、栄養バランスと摂取カロリーのコントロールが必要です。

太ももの悩みを解決する方法とは

人間には必ず太りやすい箇所があり、遺伝子タイプにより生まれつき決まっています。

■洋なし体型
お尻、太ももなど下半身に脂肪がつきやすく、「洋ナシ型」の肥満体型になりやすい。
■リンゴ体型
内臓脂肪がつきやすく、お腹周りに脂肪が付いた「リンゴ型」の肥満体型になりやすい。
■バナナ体型
全体的に脂肪がつきにくく、やせてひょろっとした「バナナ型」の体型が特徴。一番太りにくいが、一度太ると痩せにくい。

太ももが太いという悩みを持つ相談者様は、おそらく「洋なし体型」になりやすい遺伝子タイプの可能性がありますね。

遺伝子タイプがわかっても、痩せない

最近では、この遺伝子タイプを調べる方法もあります。
しかし、どの遺伝子タイプでもダイエット法は基本的に変わりません。
食事のコントロールと、適切な運動です。

薄々感づいている遺伝子タイプがわかったところで、1gも痩せません。

食欲だけ抑えても、体型を変えるには運動とトレーニングが必要

実は、食事のコントロールだけでは、体型はなかなか変わらないのです。
なぜなら体型は体の筋肉量・筋肉バランス・普段の姿勢で決定されます。

脂肪は言わば「体型をベースにした皮下脂肪の分厚さ」なので、脂肪を減らしても、体型は基本的にはそれほど変わりません。

なので、相談者様の悩みの体型(太ももが太い、お腹が出ている、お尻が大きい)を根本的に解決するためには、

  1. 運動とトレーニングで体の筋肉バランスを変えること
  2. ストレッチで筋肉の柔軟性を改善し姿勢を整えること

この2つをしっかり行う必要があります。

相談者様の場合、下半身を中心にしたエクササイズ。
ウォーキング、ランニング、サイクリングなどの運動習慣を付けて、ブルガリアンスクワットなどの下半身トレーニングなどを行う必要があります。

食欲を抑えるなら、正しい食事と、正しい運動。合わせて継続すると…

ダイエットは、正しい食事のコントロールが9割。運動が1割。正しい情報と正しい方法を信じて続けられるかどうか。続けた人は、必ず以下のような変化を実感できます。

1ヶ月で、体が変わっていく事を必ず実感できます。

2ヶ月で、体型がはっきり変わります。

3ヶ月で、理想の体型になります。

そして、6ヶ月続けると、一生理想の体型を維持することができる「知識と経験」が身につきます。

だから、ダイエットは「急がば回れ」「急いては事を仕損じる」なのです。食欲は抑えるものではなく、うまく付き合ってコントロールするものなのです。

参考になりましたでしょうか。
相談者様の人生が健康的でありますように。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

カテゴリー: お悩み相談ダイエット