投稿日 : 2016/05/06 最終更新日 : 2018/02/02

もうすぐ母の日ですね。日頃の感謝の気持ちを伝えるために、今年は可愛い手作りスイーツをプレゼントしてみませんか?スイーツといっても作り方はとっても簡単!

手作りスイーツといっても、果物をカットして可愛く盛り付けるだけで完成です。お菓子作りはちょっと苦手という人にも簡単に作ることができますから、レシピを是非参考にしてくださいね。

310ff3c58ff9531f692b5916fa158088_m

母の日に贈りたい手作りスイーツ。

母の日に贈りたい手作りスイーツはキウイフルーツで!

kakou

今年の母の日は可愛い手作りスイーツでフルーツのお花をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?レシピのコツさえ掴めば簡単に可愛いデコレーションスイーツが完成しますよ!手作りスイーツだから、簡単なのにとっても手が込んでいるように見えるから、お母さんにも喜んでもらえること間違いなしです!

(材料)

・キウイフルーツ 1個

・お好きな果物 数種類

(作り方)

①キウイフルーツの皮をむきます。枝が付いていた硬い部分は取り除きましょう。

②縦半分に切ったら、半月型に薄くスライスします。※注1

③スライスしたキウイフルーツを1枚づつ巻いていき、お花の形にすれば完成です。この時、お皿の上など安定した場所に置きながら巻くのがコツです。

④彩りに、お好きな果物と一緒に盛り付けましょう!今回はゼリーと一緒に盛り付けてみましたが、果物だけでも充分綺麗に仕上がりますよ。

 

(注1)半月型に薄くスライスする方法は以下写真を参考にしてみてくださいね。

kakou

母の日に贈りたい手作りスイーツは、ダイエット中の間食も最適!

ダイエット中にケーキやアイスクリームなどのスイーツを食べるのは極力控えたいものです。甘いものが食べたくなった時は果物を上手に利用してみましょう。

果物にはケーキやアイスクリームには含まれていないビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富に含まれていますし、カロリーも控えめなのでダイエット中の間食に最適です!

今回使用したキウイフルーツには普段不足しがちなビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールなど抗酸化作用をもつ成分が豊富に含まれていますから、病気や老化予防、美肌効果なども期待できますよ!

母の日に贈りたい手作りスイーツは、朝昼に作った方がダイエットが効果ある!?

もちろん食べ過ぎは禁物ですが、適量であっても果物に含まれている果糖は夕食後の遅い時間に食べると、中性脂肪の合成に働きやすいことをご存じですか?そのためダイエット中であれば、朝かお昼にプレゼントをしてあげると良いかもしれません。

朝にビタミンCを摂るとストレスに負けないために必要なホルモンの合成材料として働きますし、14時~15時頃は身体が最も脂肪を貯め込みにくい時間帯ですから、タイミングを考えればダイエット中でも安心して食べることができますよ。

時間栄養学を活用したダイエット法とは?食べる時間とダイエットには重要な関係がある!時間栄養学のメカニズムを理解してダイエットを有利に進めよう!

母の日に贈りたい手作りスイーツのまとめ

気持ちがこもっている手作りプレゼントは受け取る人にとって、とても嬉しいものです。今までスイーツを手作りするのは敷居が高そうと感じていた人も、レシピを参考にして今年の母の日にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?とっても簡単だから、今から準備しても間に合いますよ!

母の日に贈りたいダイエットスイーツ

ダイエットメディア【カロナビ】
https://www.qualia.tokyo/archives/8147

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

カテゴリー: ダイエットレシピ間食・おやつ