投稿日 : 2016/05/18 最終更新日 : 2018/11/08

主婦には「ながらダイエット」が最強のダイエット運動だと知ってますか?ダイエットするためにジムに行く、走る、運動するなど「時間を割いて何かする!」という発想は、よっぽどの決意がない限り失敗します。

主婦は運動のために時間を割く余裕がないという習慣こそが太っている原因。でも、「ながらダイエット」なら、わざわざジムに行ったり、「ダイエットのために時間を割くぞ!」という決意が不要なんです。

主婦は、ながらダイエットで楽して痩せる!

ダイエットって、「絶対に痩せたい!」という強い意志がない限り、なかなか続かないものですよね。主婦のあなたは、どうしてダイエットがうまくいかないか考えたことがありますか?

その原因は、ダイエットしようと無理強いをしてしまうこと。ダイエット=苦痛を伴うという図式ができあがってしまっているからなのです。

93be24f03b664d5ec4d69382c281cdd3_s

主婦にオススメなのが「ながらダイエット」

主婦は一日中、どんなに家事が忙しくても、どんなに不規則な生活をしていても、「ながらダイエット」は家事の過程でいつでも、どこでも簡単に取り組むことができるのです。座りながら、歩きながらなど、日常の家事で動作にちょっとした工夫を加えるだけだからとっても簡単。

「本当に“ながらダイエット”で痩せるの?」と疑っている主婦のあなた、ぜひ一度騙されたと思ってチャレンジしてみてください。

「ながらダイエット」とは?

「ながらダイエット」とは家事をしながら、読書をしながら、など“何か”をやりながらダイエットする方法のこと。主婦の家事行動などと一緒にするため、苦痛を感じずに取り組めるのが特徴です。

主婦にが行うながらダイエットの成功の秘訣は、生活で常にダイエットを意識すること。テレビを見ながら、家事をしながらでも常にダイエットを軸に考えて行動することが大切です。

ながらダイエットは、運動が嫌いな主婦ににオススメ!

さぁ、ダイエット始めるぞ!と意気込んだものの、主婦の仕事が忙しくて三日坊主になってしまったり、家事に追われて、激しい運動は続けるのがなかなか大変だったりしますよね。

無理をして痩せようとするのは、そもそもモチベーションが下がりますし、嫌々取り組んでいても楽しくありません。

まずは、「無理をしてダイエットをする」という考え方から「自分がどうやったら楽しくダイエットできるか」にシフトしてみましょう。そして、それが自然に身につく方法が今回オススメする「ながらダイエット」なのです。

主婦に「ながらダイエット」をおすすめする理由

ながらダイエットは、そもそも誰が考えたの?

gooダイエットの 人気連載“「日常ながら運動」ダイエット”を担当している長野茂先生が考案。長野先生は、日本に米国のフィットネスクラブシステムを導入し、スポーツ・フィットネスクラブ事業を普及、定着させたフィットネス事業界の理論的指導者としても知られています。

また長野先生自身も、20kg近くのダイエットとリバウンドを繰り返していたそうですが、7年前に「ながらダイエット」を実践してからは、毎日2,200kcal近くの食事をしながらもほぼ体重の変動もなく健康状態も良好なのだとか。

「ながらダイエット」の3つのメリット

ながらダイエットは、時間がかからない

主婦がダイエットしようと思うと、わざわざその時間を作らないといけないという思考になりますよね。ダイエットが続かない最大の敵は「忙しくて時間がとれない」ということ。

「ながらダイエット」は、主婦の日常生活の活動に重ねあわせて行う簡単な運動なので、特別な時間はとらなくてもOK。特別な時間を割かなくても「いつでも、どこでも、すぐできる」が可能なのです。

ながらダイエットは、ストレスフリー

ダイエットによくありがちなのが痩せるために「○○しなければならない」というルールに縛られてしまうことです。そしてそのルールを守れない、自らの意志の弱さを嘆きさらにやらなくなる。

一旦、負のループに陥ってしまうと、ダイエットする=ストレスがかかるものという考えになってしまうものです。「ながらダイエット」は、他人に取り組んでいる姿を見られずに、家事やパートへの通勤途中、外出先でやっているかいないのかわからないほど、何気なくできるところが特徴です。

つまり、もともと「やらなければいけない」というストレスも「今日はできなかった…」という挫折感も発生しないので、楽しく取り組めるのです。

 ながらダイエットは、お金がかからない

「ながらダイエット」は全くお金がかかりません。主婦としては余計な出費をかけたくないものです。お金をかけない方が健康づくりやダイエットは続けやすいことをご存知ですか?

例えば、痩せるためにフィットネスクラブに入会した際、お金を払った段階で「私はお客です」といった優位な態度が出てきてしまうもの。「あのインストラクターの態度が悪い」や「設備が悪い」、「言われたとおりにしてるのに全然結果が出ない」など、サービス内容の良し悪しが目についてしまって本来の“ダイエットする”という目的は二の次になってしまうわけです。

「ながらダイエット」はこういった外部の影響に一切縛られることなく、あくまでも自然体で続けていくことができます。

「ながらダイエット」をやってみよう!

椅子に座りながらダイエット!ひざのばし運動

hizanobasi

・椅子に深く座って、片足のひざをゆっくりと前に伸ばします。

・もうこれ以上伸ばせないと思うところまで伸ばしたら、つま先を直角に立て8秒間キープ。片足ずつ交互に繰り返します。

・これを10回繰り返します。片足が簡単にできる人は両ひざ一緒に伸ばすといいでしょう。

ながらダイエット2:ひざ上げ運動

hizamage

・足を揃えて椅子に座り両手を安定させます。

・背中を少し丸めてお腹に力を入れながら、両膝を胸に引き寄せます。

・4秒で上げ、4秒で下げます。

・これを10回繰り返します。

掃除をしながらダイエット!掃除機で筋トレ

soujiki

・両足を揃えて立ち、お腹を引き締めて背筋を伸ばします。

・手の動きに合わせてリズミカルに、60秒間ひざを上下させます。ひざはつま先より前に出ないように。

・ひねりを加えながら左右に移動すると、わき腹や大腿骨の刺激運動になって、さらに骨粗しょう症の予防にもなります。こちらを3回行いましょう。

主婦の「ながらダイエット」は、普段の家事を変えることから始めよう

今の生活習慣を大幅に変えてダイエットをしようとすると、必ず挫折してしまいます。まずは、最もやりやすい「ながらダイエット」は何なのか、そしていつなら、どこならできるかを考え、無理なく簡単な方法から取り入れていくようにしましょう。

ながらダイエットでは、日常の変化は少ないかもしれませんが、小さなことでも楽しく継続していけば、きっとその努力は実を結ぶはずです。

ながらダイエットは、非運動性熱産生(NEAT)と一緒です。

ダイエットのモチベーションを高めるには?意志が弱いからダイエットに失敗するんだと思っていませんか?

主婦のみなさんのダイエットを応援します!

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

カテゴリー: ダイエット運動・トレーニング