投稿日 : 2018/03/30 最終更新日 : 2018/05/22

2018年3月28日に発売された「Dyson Cyclone V10」を先行発売日に購入して1週間使用!
ちょこちょこ動く回数を増やすことでカロリー消費を促す「掃除機ダイエット」におすすめでした!

“Dyson Cycron V10″で、オシャレに、カッコ良く、楽しく掃除するだけでダイエット効果が期待できる!

我が家で実際に使っています。掃除機ダイエットで必要なポイント「オシャレ」「手軽」「かっこいい」「ノンストレス」を抑えています!

コードレスなのに60分運転、変わらない吸引力、日本の白物家電とは一線を画するデザイン。これは掃除機の革命。

ちょうど5年使ったelectrolux ergorapido lithiumのコードレス掃除機がバッテリーの寿命で買い替えの時期だったので、発売日に速攻で購入しました。ダイソンが「もう、コード付き掃除機は作らない」とアピールする実力は本当にあるのでしょうか?

https://www.dyson.co.jp/

Dyson V10を購入に至った経緯。

掃除機を買い換えるのは5年ぶりです、以前はelectrolux ergorapido lithiumというデザイン性の良いコードレスクリーナーを使っていたのですが、バッテリーの寿命になり2分ぐらいしか掃除ができなくなってしまいました。

electrolux ergorapido lithiumも、ルンバのようにバッテリー交換が出来るのかなと思いきや、本体内部にハンダ付けされてるようでユーザーでは交換が困難…。本体モーター部だけ9800円程度で交換購入できるそうなのですが、

長期欠品中 – 再入荷未定

という、完全に詰んだ状態になっていました。

そこでAmazonでも評価の良いマキタのコードレスクリーナーでも買おうかと思っていたのですが、いかんせんデザインがダサい。掃除機は常にリビングに常駐させておいて、使いたい時にサッと使える状態にしておきたいので、マキタの「THE 業務用」というデザインではリビングに置くことはできません。

えっ?ダイソンのデザインもダサいって?それは価値観の相違ですな。

そういう経緯もあり、いい掃除機を探してたところ、DysonV10が発売されるということで一度は使ってみたいダイソンユーザーになってみました。ちなみに、ダイソンを購入するのは初めてです。なので従来モデルのV8との比較感はわかりません。

掃除機ダイエットのポイント

掃除機ダイエットとは、頻繁に家を掃除することで運動量を増やし、ダイエットを行うというシンプルなダイエットです。

掃除機を走らせるのは意外と、ウォーキングに匹敵する運動になります。30分ぐらい徹底的に家を掃除するだけでカロリー消費!家もきれいになって一石二鳥!

掃除機ダイエットのポイントは、運動だけじゃなく、家がきれいになることでモチベーションが高まり、綺麗な部屋を保ちたい!というモチベーションがダイエットの維持にも繋がるんです。

美しく痩せている人は、必ず部屋もきれいに片付いています。お部屋の綺麗さと身の美しさには必ず相関関係があります。

しかし、重要なポイントがあります。

掃除をする上でノンストレスであり、オシャレでスタイリッシュで楽しめること。掃除をするという行為にストレスを感じてしまうような掃除機では続きません。

この点が重要なのですが、Dyson V10はこのポイントはしっかり抑えてくれてるんです。

わかりやすく言えば、「いい掃除機を買ったから、掃除しよう!」ってなりますね。

Dyson V10実際に3週間使って、本当にスゴイと感じたポイント

基本的な機能や旧モデルからの進化のポイントなどは、公式サイトや他のサイトにいくらでも情報があるのでそちらを見てくださいませ。

この記事では私が実際に買って使って感じた事を中心に書いていきます!

ポイント含めた最安値購入は楽天Dyson公式ストア!

楽天のDyson公式ストアで先行購入したところ、15000ポイントぐらい楽天ポイントがつきました!おそらく家電量販店より実質価格としては安いのではないでしょうか。

Dyson V10のデザインは好みがわかれるかもね。ダサい?かっこいい?

今回、より直線的なモーターの配置に変更されたことで、空気の流れが直線的になり、より吸引力が向上しているとのことですが、このまるでSF映画に出てくるビームライフルのような見た目は好き嫌い別れますね。でもこれは性能・機能を追求した上のデザインの最適解なのだと知ると、好きになってきませんか。

モーター部品には航空宇宙工学に使われる素材を採用し、軽量化と剛性の両立を実現。制御システムには圧力センサーを搭載し、高度・気圧を把握・分析、異なる環境下でも性能が変わらない

掃除機にそこまでの熱意が込められているなんて…

形はダイソンのアイデンティティがあって好きなのですが、このハデハデしい色はもうちょっとなんとかならんかねぇ〜。オールシルバーとかブラックモデルが欲しい…。

Dyson V10はやっぱり吸引力がスゴイ。ローラーブラシの性能が特にすごい。

ダイソンの吸引力がスゴイというのはよく聞くのですが、この掃除効率の高さはソフトブラシローラーにあると感じました。「ソフトローラークリーンヘッド」は、フェルトのような生地にブラシが付いたローラーなので、これが床に落ちている髪の毛や小さいゴミなどを摩擦で「巻き込んで」吸い取るんです。

以前の掃除機electrolux ergorapido lithiumはブラシはついているものの「巻き上げて」吸い取る感じでした。なので髪の毛などの取りこぼしがあったのですが、Dyson V10はこの「取りこぼし」が本当にゼロ。吸った場所にゴミは残さないっていうのは本当でしたよw

以前の掃除機electrolux ergorapido lithiumは、吸引力に不安があるので常時「最強」モードで使ってましたが、このDysonV10は3段階ある「弱」か「中」でしか使わなくても大丈夫なんです。カーペットなんか「中」だと吸引力が強すぎて動かしにくいぐらい。

それだけ安心感のある吸引力がすごいですよ。「強」ってどんな掃除に使うんだ?と思います。

ちなみに、ダイソンの旧モデルは「普通」と「MAX」の2種類しかなかったと思います。

Dyson V10で掃除すると、床の足触りがつるつるになる!乾拭き効果?

これが1番驚いている事です。おそらく目に見えないレベルの微粒子もしっかりと吸い込んでくれていることで、ふだんフローリングを素足で歩いているのですが、Dyson V10で掃除したあとは、モップで乾拭きしたあとのように明らかに「床がつるん」としているんです!もしかすると、ソフトブラシローラーに「乾拭き効果」もあるのかもしれませんね。

Dyson V10のダイレクトブラシで絨毯やソファーの肌さわりが変わる!

ダイレクトブラシローラーを使うと、ブラシでしっかりラグ、絨毯、ファブリックのソファーを掻き取り掃除をすることが出来るのですが、これで掃除するとラグやファブリックソファーの肌さわりが明らかに変わります。新品同様とまではいきませんが、「そういえば新しい頃ってこんな肌さわりだったような・・・」と思い出させるような肌さわりになります。多分寝てしまっていた線維がブラシと吸引力で「立つ」んでしょうね。

Dyson V10は大きめのゴミも吸える

これまた以前の掃除機electrolux ergorapido lithiumは、大きめのゴミ、お菓子のカスとか、ちょっとした紙くずとかに弱かったのです。ブラシのせいもあり、大きめのゴミを「押してた」とか「弾き飛ばした」ということもしばしば。

でも今回のDysonV10は、ソフトブラシの摩擦と大きめに作られた開口部が、お菓子の食べかすや紙くずなど大きめのゴミもガンガン吸い取ってくれます。

Dyson V10はトリガーを引いている時だけ運転する仕組み

ライフルのような見た目の要因にもなっているスイッチはトリガー式。Dysonの掃除機はこれを引いている時しか運転しません。一見面倒なようにも感じますが、とても軽いので実際使用していて特に不便を感じることはありませんし、引き続けるのに疲れるということもありません。

また、この「本当に掃除しないときはモーターを止めるべき」というのもDyson V10の設計思想の一部なんですね。

トリガーを離せばスイッチが切れることで無駄な電力を消費せず、かつ、バッテリーセルが冷却され、本来の性能を回復する時間を与えてくれる。これにより、実際の運転時間はさらに30%ほど伸ばすことができる

実際に使っている印象として、毎日床だけじゃなく、壁やブラインドなど結構隅々まで掃除しているのですが、掃除中にバッテリー切れになったことは一度もありません。

Dyson V10のごみ捨て機能に感動!

出典:https://getnavi.jp/homeappliances/241613/

以前の掃除機electrolux ergorapido lithiumやサイクロン掃除機にあるあるなのが「ゴミ捨てが簡単と言っておきながら実はめんどくさい」という点。

大半の掃除機やelectrolux ergorapido lithiumも、たしかに集めたゴミの大半は、蓋をあけるとポイッと捨てれます。しかし、サイクロン部分やフィルター部分に髪の毛や糸状のゴミが絡まりまくっている!結局、手を汚して「掻き取る」作業が必要なんですよね。

DysonV10のごみ捨て機能は本当に感動するぐらい素晴らしいです。「ヘラ」のようなものがサイクロン部分についており、これが絡まった髪の毛などを「掻き取って」くれるんです!ちなみに旧モデルにこの機能はありませんよ〜。

月に一回程度は水洗いが必要ということですが、普段のごみ捨てで手を汚さないと言うのはとても便利です。これは本当に使う人の事を考えてるなぁ〜と思いました。

でも、1つ残念なのが長いノズルを取り外さないとゴミ捨てができない…。これはちょっとマイナスポイントです。

Dysonって「大きい・重い・うるさい・高い」なんじゃないの?

それは 掃除機というにはあまりにも大きすぎた
大きく うるさく 重く そして高価過ぎた
それは 正に「大損」だった

ダイソンの掃除機が世に出た頃、アーリーアダプターが購入したダイソンは確かに大きく、重く、うるさかったようです。しかし、今回私が購入したDyson V10に「大きい・重い・うるさい」と感じる要素は全くありませんでした。国産の掃除機と全く遜色ありません。

「あ〜ダイソン、それ重くてうるさいんでしょ〜」って言うのはもう古いですよ!

値段は、国産の掃除機に比べると高価、しかし満足感はあり。

掃除機に7万円(上位モデルは10万円超え)出せるのか?というのは人それぞれだと思いますが、私は満足しています!今なら、V8などの旧モデルも在庫処分で半額以下になっているようですよ。

以前の掃除機electrolux ergorapido lithiumのように、バッテリー交換ができないという罠もありません。互換バッテリーも販売されているので、バッテリー寿命が来ても交換で使い続けられますね。

Dyson V10の壁付け、賃貸でも大丈夫?

賃貸ですが壁に付けてやりましたよ!!!

DysonV10を「スタイリッシュに保管して、いつでも使いたい時にサッと使える」この便利さを優先しました。

賃貸だから壁に穴を開けられな〜いって、床に置いて充電するとかかっこ悪い。なんのためにこのデザインに優れた掃除機を買っているんだ。

1つ大きな勘違いをしている人が多いのですが、賃貸は「壁に穴を空けられない」のではなく「壁に穴を開けると原状回復の義務が発生する可能性がある」のです。

また、国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」によりますと、Dyson V10を装着するためのネジ穴は、比較的大きなネジが2つ必要になりますので、原状回復の負担義務になる可能性が高いでしょう。

「賃貸で壁に穴を開けると敷金が帰ってこない」は誤解

賃貸で少しでも傷をつけると、敷金が1円も返ってこないという誤解や迷信に惑わされていませんか?確かに、通常の使用範囲を超える改修は原状回復の義務がありますが、その範囲はあくまで改修を行った部分に限定されます。

原状回復は、毀損部分の復旧であることから、可能な限り毀損部分に限定し、毀損部分の補修工 事が可能な最低限度を施工単位とすることを基本とする。したがって、賃借人に原状回復義務がある場合の費用負担についても、補修工事が最低限可能な施工単位に基づく補修費用相当分が負担対象範囲の基本となる。

ちなみに、どうしても壁に穴を開けたくない宗教上の理由がある人は、Dyson V10などを立てかけるための台も売っているのですが、それも結局、1万円前後の追加出費となります。

Dysonを設置するために空けた壁穴の補修には、1万円〜数万円程度が請求される可能性があることになりますが、結局、退去する時には壁穴の補修だけでなく、床の傷など他の原状回復の負担が発生することもあるので、金額はトータルでの交渉となります。

壁の穴1つや2つで、何十万円も預けた敷金が全て帰ってこない、そんなことは通常ありません。普通に住んでいても、不注意の傷などで退去時の原状回復に多少の費用はかかるものです。

Dyson V10に限らず、多少の原状回復費用を払ってでも、日常生活をカッコ良く、スタイリッシュに過ごしたい!という人は賃貸でも遠慮なく壁掛け設置しましょう。

というか、10万円近くする掃除機を買おうかという人間が、壁の穴1つや2つの原状回復費用にビビるなよ!と個人的には思います。

それでも、どうしても壁に穴を空けたくない人向けに、Dyson V10を立てて収納できる商品もありますよ。

で、結局Dyson V10は買いなの?

私は今のところ、100%満足しているのですが、DysonV10は以下のような人にオススメです。

  • ダイソンの掃除機を一度買ってみたい。
  • 今のコードレスクリーナーに不満がある。
  • 古い掃除機を捨てて、最新の手軽な掃除機が欲しい。
  • デザイン性の高い掃除機が欲しい。

以下のような人にはオススメできません。マキタのクリーナーを使ってください。

  • 掃除機に7万も出すなんて狂気の沙汰だと思う。
  • まず、ダイソンが嫌いだ。次に、ダイソンが嫌いだ。
  • 掃除機なんてゴミを吸えたらなんでもいい。どうせ押入れに仕舞っておくし。
  • ブランド価値にお金なんて払いたくない。

Dyson V10とルンバの相性はどう?

私の自宅にはルンバが2台あります。何度もバッテリーを交換したり、分解丸洗い洗浄(故障リスクあり)を超えながら5年ぐらい使っているのですが、DysonV10を買ってからルンバがあんまり仕事に呼ばれていません。

ルンバさん・・・そろそろお役御免かもしれません。

Dyson V10にダイエット効果はあるの?

ダイエットブログという関係上、無理やりダイエットの話題にもしておきますね。

DysonV10には、ダイエット効果があります!

なぜなら、Dyson V10を買うことで掃除が楽しくなります!

壁に設置することでこれまで以上に頻繁に掃除するようになり、ちょっとしたゴミを見つけたら掃除をするために動いたり歩いたりする事が多くなります!

実は日常の家事や掃除の頻度を増やすことは、ダイエット上も重要で結構なカロリー消費になっているんですよ。

そして、Dyson V10で部屋が常に掃除されて、きれいになることで、自分自身の美意識も高まり、ダイエットのモチベーションも上がります!

実は汚い部屋に住んでいるだけで太る原因になりますし、綺麗に整理整頓された部屋に住んでいるだけダイエット効果があるんですよ。

ダイエットのプロが断言しますが、「痩せてきれいな人は部屋が綺麗」で、「太っている人は部屋が汚い」というイメージは明らかに相関関係があります!(たまに例外もありますけど)

Dyson V10についてはこちら!

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク