投稿日 : 2015/12/08 最終更新日 : 2018/11/07

「もったいない」いい言葉ですね。食べ物は無駄なく大切にするべきです。しかし、「もったいないから食べる」は実はダイエットの最大の敵。あなたを太らせているのは「もったいない習慣」かもしれません。ほんの少し捨てる勇気がダイエットには重要です。今日は、そんな知らずのうちにあなたを太らせている隠れた「おデブ習慣」を解説したいと思います。

「もったいない」からとついつい食べていると、さらに「もったいない」ことに…

food photo

お皿に残った残飯、子供が残したごはん、お腹いっぱいだけど、あと少し残ったお菓子…

私たちは、食べ物を残すことは悪だと教育されてきました。確かに食べ物を無駄にすることは褒められたことではありません。しかし、だからと言って胃袋をゴミ箱代わりにしていると、ほんの少しの量でも余計なカロリーがあなたの体に脂肪となって溜まり続け、その習慣はあなたを太らせている原因になっていることがよくあります。

ただ太る程度だけならダイエットすればいいのですが、過度な肥満は成人病や大きな病気の原因になります。健康を損ねるほうが「人生もったいなくないですか?」

ほんのひと口、ふた口が+50kcal +100kcal。

もしその分カロリーオーバーになっていれば、それを30日続ければ1500kcal、1年で18,000kcal、無駄な脂肪2.5kg分も太る原因にもなります。

※実際は脂肪だけでなく水分も一緒に滞留するため、さらに数kgは体重増加します。

私達のダイエット指導で生活習慣のカウンセリングを行うと、特に女性のユーザー様に、「子供が残した残飯を食べてしまう」「余ったお菓子を食べてしまう」という習慣があることに気付かされます。

これは非常に危険な習慣の一つで、自分では意識していないうちに隠れカロリーオーバーになってしまうことが多く、これをやめるだけで痩せる人もいます。

思い切って捨てる勇気がダイエット習慣の一つ。

c19601cb83ebe98386ea07498d5ce21e_s

食べ物を捨てることを推奨しているのではありません。

食べ物を無駄にすることは「もったいない」だけでなく、倫理的にも良くないことです。しかし、結果的にあなたの体の健康を損ねてしまったり、太ってしまった事により、健康管理やダイエットに余計なお金がかかってしまうのは、さらに「もったいない」事になるのではないでしょうか。

必要な分だけ買う、必要な分だけ作る。無駄にしない、捨てない努力を最大限した上で、それでも余ってしまうものは、自分の健康のためにと割り切って捨てる勇気を持ちましょう。

余ったお菓子や残飯をもったいないと思わず、思い切って捨てる勇気もダイエットの大切な考え方の一つです。

繰り返しますが、もちろん、最初から無駄にならないように準備する事が一番です。

「食べ放題」はあなたの食生活を映す鏡

dbaef53380d844623ce8df2875117a1b_s

食べ放題にテンションを上げて良いのは、子供と学生だけです。

日々の食事と健康に気を使うべきいい大人になったのなら、食べ放題で「せっかくだから、たくさん食べないともったいない!」という考えはもう卒業しましょう。

健康管理が出来て美しく痩せている人は、食べ放題は「色々な種類の野菜や食べ物を、栄養バランスよくいっぱい食べれる」食事だと考え、太る習慣の人は「好きなものを好きなだけいっぱい食べられる」食事だと考えます。

食べ放題での食事は、その人の食生活そのものを表すと言っても過言では無いでしょう。食べ放題の時こそ食生活を見直すチャンスです。

「自分が食べたいものを中心に、バランス良く、種類は多く、少しづつ」これが健康管理ができる人の正しい食べ放題の食事です。

ちなみに、当社のカロナビ™では、写真を撮るだけでカロリーチェックが可能。食べ放題で色々な種類の食事を食べる時も、盛りつけたお皿の写真を撮るだけで栄養士がカロリーチェック&栄養アドバイスを行います。

食べ放題の盛り付けを見ると、その人の食生活の傾向や問題点が見えることが多いため、栄養士から食生活改善の良いアドバイスを貰える絶好のチャンスです。

食べ物を無駄にしない。自分の健康も無駄にしない。
それが美しいダイエットの秘訣です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

カテゴリー: ダイエット基礎知識・理論