投稿日 : 2016/05/03 最終更新日 : 2018/11/08
(6) / (2) / (4) / (1) / (9) / (7)

みんなが疑問に思っている、なぜ太るの?なぜ痩せるの?痩せる体質になる方法は?太りにくい人は何が違うの?答えは必ず自分の身体にあるんです。

現代では、太るのは本当に簡単です。

痩せるのはコツコツと時間がかかるものですが、太るのは本当に簡単です。夜中に食べれば確実に太れます!

夜中は、脂肪を貯め込む作用のあるBMAL1というたんぱく質が昼間の30倍も多く分泌しているのです。

人間の身体というのは長い飢餓の時代を経ていますので、エネルギーを蓄積する仕組みはたくさん持っています。本来、それは飢餓を生き抜くための身体の仕組みでありましたが、食べ物が溢れている現代では太る仕組みに変化しています。

痩せやすい体質、太りにくい体を作るためには?

自分の体の変化を察知することがいちばん重要なんです。つまり、身体へのアンテナを張っていただく意識が重要です!

「便秘だな~」とか、「すぐおなかが空いちゃうな~」とか「お化粧のりが悪いな~」とか小さな変化を感じたらそのまま見過ごさず、身体の声が聞こえるうちに対処する意識を持つといいですよ!身体の声を無視し続けていると聞き取る力も弱まってしまうそうです。

そして身体の声を聞けたなら、身体が望んでいることをしてあげるのがベスト!

例えばおなかが空いたと指令が出されても、なんの栄養素が不足しているかまで身体は教えてくれません。だから、ご自分で野菜不足を感じていたら野菜を食べてみて下さい。身体が欲している栄養素を摂取してあげると、不思議と食欲が収まってきますよ!

身体に必要な栄養素を摂取し食事を整えると基礎代謝は向上し、消費エネルギーアップに繋がります!ぜひ身体の声を聞きとり、ダイエットを効率よく進ませていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク