投稿日 : 2018/08/06

糖質制限を4月からしていて、はじめの2ヶ月は1日糖質量60gでやっていたのですが、体重が4kgほどしか落ちず、6月からは1日20g未満、7月からはさらに制限してほとんど糖質を取らない生活で4kgしか落ちませんでした。あまり結果が出ないので他のダイエットにしたほうがいいのかな、と思うのですがリバウンドが怖くて糖質を摂取できません。しかし、痩せたいという気持ちもあってこれからどんな風に減量していけばいいのかわかりません。

ほとんど糖質を取らない生活をすると体重はどうなる?

糖質制限を4月からしていて、はじめの2ヶ月は1日糖質量60gでやっていたのですが、体重が4kgほどしか落ちず、6月からは1日20g未満、7月からはさらに制限してほとんど糖質を取らない生活で4kgしか落ちませんでした。

糖質制限もここまで徹底すると、かなり体重が落ちるようです。しかし相談者様は満足がいかないようです。4ヶ月で8kgも減量できており、現在の体重や食生活はかなり危険な水準に入っています。

元の体重、現在の体重を考えると、十分すぎるぐらい体重が落ちています。まずは、これで「結果が出ていない」という考え方を改めて頂くべきかと存じます。

そして、「リバウンドが怖くて糖質を摂取できません。しかし、痩せたいという気持ちもあってこれからどんな風に減量していけばいいのかわかりません。」とのことです。

痩せたいという強迫観念を後押しする糖質制限

ここまで相談者様を追い詰める「痩せたい」という強迫観念は、雑誌やSNSで極端に痩せたモデルばかりの「肥満恐怖」を煽る世の中の縮図と言えます。

モデルたちは、「仕事」として超極端なダイエットを行っており、私達一般人とは生活スタイルが異なるのです。

糖質制限が流行っていますが、「過剰に取りすぎていた糖質を適正な量にしよう」という合理性のある糖質制限と、「糖質は1gでも少ないほうがいい」という極端論がごっちゃになって世の中の糖質制限ダイエットになってしまっています。

そして、「過剰な糖質は健康上よくないという事実」を免罪符に、極端な糖質制限が何の規制もされず蔓延しているのです。

「糖質を適度に摂取する普通の健康的な食生活」をしたいのか、「将来の健康や食生活なんかどうでもいいから痩せたい」のか。

健康リスクを承知の上で、食生活は我慢できるから、とにかく痩せたいのであれば、糖質制限を続けていれば結果は続くでしょう。

ではなく、普通にご飯やパンも食べたい、普通の食生活に戻したい(が、太りたくない)というのであれば、
糖尿病の食事療法を参考に、バランスの良い食生活に徐々に戻していってください。

カロリー管理をしっかりしていれば、太る、リバウンドすることは絶対にありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク