投稿日 : 2018/08/29 最終更新日 : 2018/09/14

「仕事や家事・育児に忙しいけれどダイエットに興味がある」方々に向けて、ストイックな運動でのダイエットではなく、無理なく続けられ、さらにリバウンドしにくいダイエット習慣について具体的に紹介。特に、普段の生活の中で家でもできる「ながら運動」や、簡単かつ効果的な食習慣を紹介しました。

ダイエットには時間も気力も必要?

www.runwaypilates.com

www.runwaypilates.com

あなたはダイエットに興味がありますか?
年齢や性別に関係なく、おそらく誰しもが魅力的なスタイルにあこがれて、出来ることなら自分も常にそうありたいと思いますよね。

「でも、仕事や家事が忙しくて…」
「ジムに通う時間もないし…」
「毎日疲れて、ダイエットの注ぐ気力が続かない…」
本当にそうですよね。仕事や家事、育児に追われる人が多い現代、自分の美を保つために、時間もお金もたっぷり掛けられ、ダイエットにじっくり向き合える…そういうゆとりのある人は、実際はそう多くないのかもしれません。

芸能人のSNSなどを見て、「とても私には続けられないわ~」と思うようなダイエット以外に、時間に追われるあなたにも気軽に出来るダイエット、しかもお家で出来ること、実は結構あるんですよ。

あなたの生活パターンにあわせたダイエットを考える。

まず、あなたは普段どのような生活をしていますか?
・仕事や家事、育児に忙しくて、食事や睡眠の時間も不規則になりがち。
・仕事や家事、育児に忙しいけれども、なんとか規則的な生活はできている。
・のんびり出来る日がほとんどない。
・毎週、お休みの日はある。
・時間はあるが、元気が出ない。ダラダラ過ごす日が多い。…などなど。
いろいろな方がいらっしゃると思いますが、この中の、どの人にも通ずる共通点があります。
それは、どの人もみんな「家にいる時間が多かれ少なかれある。」という事。
この「家にいる時間」を、ちょっとした工夫で、ダイエット時間に充ててみましょう。

ストレスもリバウンドもないダイエット法とは

自分の体形が気になりだした時、あなたはどんなダイエット方法が頭に浮かぶでしょう?
しかも家や職場にいても手軽に出来ること。

まず思い浮かべるのは「カロリーコントロール」でしょうか。食べる量を「上手」に減らせば、それなりに体重は落ちていきます。最近流行りの糖質制限を取り入れたりすると、さらに短期間に体重は落ちるかもしれません。でも、その食事制限がストレスになるようでは、そのダイエットは長続きしません。継続できなければ当然リバウンドもします。

では、リバウンドしないダイエットとは、どんな風にすればよいのでしょうか。それは、無理をせず、ストレスなく続けられる「太らない習慣」を身につけることです。

例えば「食べ方」で言えば、甘いものや炭水化物を「辞める」のはストレスがたまり、一生続けることは難しいでしょう。でも「減らす」なら出来そうではないですか?ダラダラ食べていたお菓子を、決まった時間の1回にしたり、洋菓子を和菓子に変えてみたり、ご飯茶碗を小さめにして自然とご飯の量が減るようにしてみたり…。

糖質を食べる前に野菜やたんぱく質のおかずを先に食べて、血糖値の上がり方を緩やかにするだけでも太りにくくなります。同じものを食べても、食べる順番で太りにくくなるのです。
朝食を抜きがちな人は、少しでもいいので朝なにか口にするようにします。食事と食事の間が開きすぎると、体は栄養を無駄なく吸収しようとして、より体に蓄えやすく太りやすくなるのです。

夜遅くなればなるほど、食べたものは脂肪になりやすく太りやすくなるので、夕飯はなるべく早めに、それが出来ない日は夕方と夜に小分けに食べるなどしましょう。
このように「食べ方」を少し意識するだけでも、ダイエットにつなげることができます。しかも、このような習慣を身に着けてしまえば、習慣は苦にならなくなります。そして継続できます。

短期間の1つの説に偏ったダイエットより、このように生活習慣の改善で進めるダイエットこそ、効果は緩やかかもしれませんが確実で、ストレスもリバウンドもなく一生を通じてできる方法ではないでしょうか。

さて、「食べ方」にプラスして、さらに習慣化したいのはやはり「運動」です。
運動といっても、今回はあくまでも家でも気軽にできること…に焦点を当てて、例を挙げてみます。

ながら運動は、かなりダイエットに効く。

仕事や家事を終えてから、さぁ!今夜もウォーキングするぞ!とか、私は毎朝5時半からジョギングしてます!などと言える人は素晴らしいです。そもそも、そういう習慣を既に身に着けている人は、ダイエットには無縁かもしれません。

それが出来ない人にもおすすめなのが「ながら運動」です。ながら運動はその名の通り「~しながら」行います。ですから、運動だけに時間を割く時間的・精神的ストレスもありません。普段の生活に取り込むので、やり忘れもしにくく、習慣になりやすく、しかも効果は絶大です。
さぁ、今日から1つでも取り入れてみませんか?

こんなにある!家でも出来る「ながらダイエット運動」

朝、寝ながらできるダイエット運動

まず、朝起きて布団の中でまどろんでいる時、縮こまっている体をグーンと背伸びしてみましょう。腕・肩・背中・お腹・腰・足先まで、上下にめいっぱい伸びてみます。足首を回すのも良いです。余裕があればうつ伏せになって、土下座の姿勢で腕を前に伸ばしながら、お尻を少し上げて背中をもっと伸ばしてみましょう。寝ている間に凝った体がほぐれ、血行が良くなり、朝から代謝が上がります。ダイエットには、体の代謝を良くすることが最も重要です。

歯を磨きながらできるダイエット運動

朝晩、歯を磨くときには、かかと上げをしてみましょう。両足でつま先立ちして、かかとを上げます。最初は10回くらいでふくらはぎが痛くなるかもしれません。でもすぐに慣れます。歯を磨いている間に20~40回も出来れば、わずか数日後にはスッキリふくらはぎになりますよ。慣れてきたら、太ももや下腹、骨盤にまで力を入れながら行えば、さらに下半身全体が引き締まってきます。

食器を洗いながら・椅子に座りながらできるダイエット運動

食器を洗ったり、椅子に座って仕事をしたりしている時は、つぼ踏みをおすすめします。青竹でもツブツブのつぼ踏みグッズでも構いませんが、ただ立ったり座ったりで足を動かしていない時間を有効に使って、第二の心臓とも呼ばれる足の裏を刺激しましょう。毎日の積み重ねで、気付くと冷え性などの改善になり、血行・代謝がアップします。

お風呂に入りながらできるダイエット運動

入浴中は体も温まり、体がほぐれやすくなっています。湯船に入りながら、お腹をマッサージしたり、手指足指の1本1本をほぐしたり、背中や肩を伸ばしたり回したりしてみましょう。首などのリンパマッサージもいいですね。太って見える原因の一つに、むくみがあります。血液やリンパの流れが良くなりむくみが解消されると、それだけでもスッキリ痩せたように見えます。体重の増減や体のブヨブヨ感が、ぜい肉でなく水分であることも多いのです。

TVを見ながらできるダイエット運動

ただ座ってTVを見ているのはもったいないです。そういう時間も体を動かしてみましょう。座ったまま足を開いて股関節ストレッチをしたり、立ち上がってスクワットをしながら見るのもいいですね。バランスボールやストレッチポールに乗りながら見るのも効果的です。ただ肩や肩甲骨を回すだけでも、あご周りを下から上にマッサージするだけでも、毎日の積み重ねで気になるぜい肉がスッキリしますよ。

夜、寝ながらできるダイエット運動

夜、布団に入ったら、布団の上で寝たままストレッチ。左右交互に反対側に足を伸ばして、腰をひねります。朝と同じように背伸びもします。息を3~4秒で吸って、倍の6~8秒で吐くように意識しながらお腹を出来るだけへこませます。これを6回くらい。この2~3分のながら運動でも、お腹周りはかなりスッキリしてきます。

ながら運動ダイエットのまとめ

このように、日常生活の中で出来る「ながら運動」は結構あります。人は3週間続けたことは習慣になるといいます。最初はこの「ながら運動」でさえ、面倒に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

でも、試しに1つずつでもやってみませんか?それで効果を感じられたら、1つまた1つと増やしていきましょう。そのうち自然と、本当にいつの間にか、前よりスッキリ体型になった自分に気付くはずです。それが1番自然なダイエット、一生続けられるダイエット習慣です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク