投稿日 : 2018/09/27
(1) / (8) / (1) / (1)

日本人の食生活に、古来から欠かせない「麹」。その麹がダイエットにも効果があると、最近改めて注目されています。麹の甘酒や生酵素で本当に痩せるのか?効く人、効かない人の違いは?効果的な摂り方は?量は?他の健康効果は?さまざまな疑問を検証します。

麹ダイエットの流行で、麹や酵素のダイエット効果が注目されています

最近よく「麹ダイエット」「生酵素ダイエット」「甘酒ダイエット」などのワードを耳にしませんか?
少し前には「塩こうじ」「醤油こうじ」なども流行りましたね。
これらすべてに共通するのは「麹」。

そう、昔から日本では味噌や醤油、お酒、漬物など、様々な食品を「麹」を使って作ってきました。まさに日本人の食生活・食文化に欠かせない食品です。
それが昨今、ダイエット効果もあるらしいと話題になり、麹の健康効果が改めて注目されてきています。

そもそも「麹」とは?

日本人に昔から親しまれている「麹」。

そもそも「麹」とは何でしょう?

「麹(こうじ)とは、大豆などの穀物コウジカビなどの食品発酵に有効なカビを中心にした微生物を繁殖させたものである。(参照・Wikipedia)」

スーパーなどではお米にフワフワのコウジカビ(麹菌)をまとった「米麹」が売られていて、手軽に買うことができます。

麹は発酵すると「酵素」の宝庫になります。

酵素は人間が体を動かし、様々な体の機能を維持するために必要不可欠なものです。ビタミン類やアミノ酸を産出し、美容健康、身体のトータルサポートに欠かせない酵素・・・それがたっぷり含まれる麹はダイエットにも効くらしい、と注目されているんですね。

麹の酵素で本当に痩せるのか?

では、この麹から作られた麹食品を摂ると、本当にダイエット効果はあるのでしょうか?

・体質によって、効果が出る人と出ない人がいる。

・麹の摂り方によっても、効果の有り無しが差が出る。

結果から言うと、「麹」単体でのダイエット(痩身)効果を期待するものではありません。

しかし、麹は健康を維持してダイエットを応援することができるスーパー食材でもあります。それについて、以下で詳しく説明しましょう。

麹を摂るならまず「生きた酵素」で

前述のとおり、体内において酵素は健康維持に不可決ですが、残念ながら年齢とともに減少し、30~40代頃から激減します。

体内に酵素が不足してくると、心身のリズムが乱れたり、栄養不足になったり、代謝が落ちたりします。

そうすると体力が落ちたり、疲れやすくなったり、お通じが悪くなり痩せにくい、体重が落ちにくい状態になってしまいます。老化も進みます。

そこで食べ物から酵素を補充することが必要になってきます。酵素は生の物(野菜・果物・刺身など)に含まれていますが、中でも麹からの酵素は群を抜いて消化吸収が良く、アミノ酸、ビタミンB群、ミネラルも豊富です。麹で作った甘酒が飲む点滴と言われ、江戸時代から夏バテ予防に飲まれてきたのもそのためです。

そんなに栄養豊富で吸収が良かったら、太っちゃうんじゃないの?と思われるかもしれません。

いいえ、麹の酵素が体内に増えると、

・食物繊維やオリゴ糖が豊富なので、腸内環境が整い便秘解消の効果がある。

・アミノ酸、ビタミンB群、ミネラルの効果で代謝が上がったり、元気が出る。

元気が出ると活動的になり、自然と消費カロリーも増えます。お通じが良くなると体重も減り、ポッコリお腹も解消されるでしょう。また、

・炭水化物分解酵素(アミラーゼ)、たんぱく質分解酵素(プロテアーゼ)、脂肪分解酵素(リパーゼ)が豊富なので痩せやすくなる。

という事も分かっています。ただ、このアミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼなどを含め、酵素というのは熱に弱く、48℃以上では死滅してしまい、その効果を発揮することが出来ません。

一番活性化するのが体温くらいです。例えば市販の甘酒や麹飲料の中には、一度加熱してある商品もありますが、それでは麹の酵素効果は得られません。市販品や麹、酵素のサプリメントを購入する際は、気を付けたほうがいいですね。

こうして生の酵素を摂り入れると、便秘の解消や、代謝・活動量のアップによりダイエット効果を感じられる人が多いと思います。しかし、酵素を取り入れているからと言って、暴飲暴食や運動不足など、根本的な生活習慣が改善されていない場合はダイエット効果は現れません!

ダイエットの基本は摂取カロリー<消費カロリーです。この大原則をしっかり守ることが重要です。

もともと便秘でない人や、日頃から活動量が多い人、太っていない人など、効果を感じられない方もいらっしゃると思います。また効果が出るまでにしばらく日数のかかる方もいらっしゃるでしょう。

しかしながら、麹の酵素を摂る事は、ダイエットだけでなく、

  • 老化の原因である活性酸素の発生を抑制したり・・・
  • 血行促進効果で皮膚や粘膜の健康を整えたり・・・
  • 高血圧や動脈硬化など生活習慣病の予防や・・・
  • 月経前症候群(PMS)の緩和
  • 免疫力アップ

などなど、他にもたくさんの健康効果があることがわかっています。

麹酵素の効果的な摂り方

麹の酵素を摂るには、非加熱の方が良いというのはご理解いただけたと思います。

では実際に、普段の生活で生の麹を摂るには・・・。一番手軽なのはお味噌、甘酒でしょうか。市販の非加熱の甘酒(麹で作った甘酒。酒粕の甘酒とは別物です。)なら、本当に手軽ですね。

時間のある方は、麹と水(ご飯をプラスしても〇)があれば、ヨーグルトメーカーや魔法瓶、炊飯器などで簡単に手作りすることも出来ます。

また少し前に流行った塩こうじなども、量は少なくても日頃から調理に使うといいですね。

ただ麹はお米が主ですから、摂り過ぎれば太ってしまいます。甘酒でしたら、一日におちょこ1杯(18㏄くらい)で効果があります。毎日少しずつ摂る事が大切です。

朝の食事前に飲むと吸収も良く、酵素も栄養素も体に効率よく取り込むことが出来ます。便通を促し、代謝も朝から上がります。また、満腹感も得られるので、その後の食欲を抑える効果もあります。

ダイエット効果だけを考えると、夜飲むのはお勧めしません。体が栄養をため込む時間なので、太りやすくなってしまうからです。

しかしながら、夜飲むと疲労回復や美肌効果、また安眠効果などが得られますので、そういった効果も得たい方は、量を考えながら上手に取り入れていくといいでしょう。

麹のダイエット・健康効果についてのまとめ

麹は、酵素が活きる生の状態で上手に摂取すると、健康効果は非常に優れています。

そして、世界的に見ても健康長寿の日本人の食文化である「和食」には、麹を活用した食事にあふれているのです!

麹のダイエット効果はというと、もともと便秘がちな人や、加齢によって酵素が減り代謝の落ちている人、活力の出なかった人などには効果的と言えますが、ダイエット効果を過剰に期待するものではなく、健康維持のために取り入れるのがよいでしょう。

麹や酵素、酵素サプリメントなどには、飲むだけでみるみる痩せる・・・ような、劇的な効果は期待できませんが、健康に良いことは間違いありません。

過度な風評に惑わされず、日本古来の健康食品「麹」を、上手に暮らしに取り入れていきたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク